理想ちゃんねる

当ブログは2ちゃんねるから「ライフハック術」「雑学」「ITニュース」「ガジェットネタ」などをまとめています。

スポンサードリンク

canon

    このエントリーをはてなブックマークに追加
K0000775509
2015年5月21日、キヤノンの一眼レフカメラ用単焦点レンズ「EF50mm F1.8」がモデルチェンジした。仕様頻度の高い焦点距離50mm相当の画角とF1.8の明るさを備えながらも、低価格で購入できることから、「撒き餌」レンズと称される定番シリーズの最新モデルで、価格.comの「レンズ」カテゴリーでも大きな注目を集めている。発売日の5月21日には製品ページへのアクセス数が急増し、ユーザーレビュー評価も上々だ。

キヤノン「EF50mm F1.8 STM」は、シリーズ3代目となる単焦点レンズ。
初代モデル「EF50mm F1.8」の発売から約25年ぶりのモデルチェンジとなった。人間の視覚に近い焦点距離50mm(35mm判換算)相当の画角と、開放絞り値がF1.8の明るさを備えており、新モデルでは、最短撮影距離が35cmとなって、従来機種よりクローズアップしての撮影が可能になっている。
http://news.livedoor.com/article/detail/10143364/
続きを読む
スポンサードリンク

    このエントリーをはてなブックマークに追加
001
5月11日、キヤノン は EOSシリーズ用の交換レンズ「EF50mm F1.8 II」を約25年ぶりにリニューアルし、「EF50mm F1.8 STM」として5月下旬に発売すると発表しました。価格は税別 1万9,500円。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
t6ssensor-1024x864
キヤノンは5月8日、デジタル一眼レフカメラ「EOS 8000D」「EOS Kiss X8i」の一部について、白点状の汚れが確認できる製品が混在していると発表した。

対象製品の撮像部前面の光学素子に、白点状の汚れが確認できる製品が混在していることから、キヤノンでは無償対応の準備を進めている。準備が整い次第、受付開始の案内を近日にも行うという。

該当するのは、EOS 8000DおよびEOS Kiss X8iのうち、シリアル番号の左2桁が「01」または「02」のものの一部。左2桁が「01」「02」であっても、すべての製品が該当するわけではない。ただし、電池室ふたの場所に●印があるものは対象外。

画像への影響については、「撮影画像のすべてに汚れが写り込むわけではありませんが、特定の撮影条件において稀に影響が出る場合があります」と説明。一般的な撮影では現れないが、大きく絞って撮影すると確認できる場合があるという。画像への影響を確認できない場合でも、左2桁が「01」「02」の製品は近く始まるサービスセンターでの対応を受けて欲しいとのことだ。
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20150508_700983.html

キヤノンからのお知らせ
http://cweb.canon.jp/e-support/products/eos-d/150508eos8kd-kissx8i.html
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
SnapCrab_NoName_2015-4-14_18-36-5_No-00
ニコンは、4月下旬に発売を予定していた、ミラーレス一眼「Nikon 1 J5」の発売日は4月23日と発表しました。

Nikon 1 J5は、ミラーレスカメラのスタンダードモデルで、有効2,081万画素の1型CMOSセンサーを採用。NFC対応のWi-Fi機能などを搭載。クラシックカメラ調デザインの採用が特徴的。ダブルレンズキット(10-30mm PD-ZOOM+18.5mm f/1.8付き)の店頭予想価格は税別6万8,000円前後の見込み。
http://www.nikon-image.com/products/info/2015/0414.html

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
np681_img1
キヤノンは、デジタル一眼レフカメラ「EOS 8000D」と「EOS Kiss X8i」を4月17日に発売すると発表しました。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
no titlec03
キヤノンは、業務用4Kカメラの新モデルとして、ドローンにも搭載できるコンパクトさと、1kgを切る軽量さを実現、価格も大幅に抑えた「XC10」を6月中旬に発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は22万円前後。

最高で4K(3,840×2,160ドット)、30p、305Mbpsでの記録が可能な小型4Kカメラ。CINEMA EOS SYSTEMでは高価で、カメラも大きいという声に応え、価格を抑え、かつ軽量/コンパクトを実現した。ただし、CINEMA EOS SYSTEMのシリーズではない。

 同日にキヤノンが発表した、4K対応の業務用ビデオカメラ向けの新フォーマット「XF-AVC」に対応。4K/30pの撮影が可能ながら、外形寸法は約125×122×102mm(幅×奥行き×高さ)と小型。
重量も本体のみで約930gと軽量。超ローアングル撮影や、車載、ドローンによる空撮など、多彩な撮影に対応できる。レンズ交換はできない。

センサーは1インチのCMOS単板式で、有効画素数は動画で829万画素、静止画で1,200万画素。従来のHD CMOS PROセンサーと比べ、有効画素全体の面積比は約6.8倍、1画素あたりの面積比は約1.6倍に大型化。低照度でのノイズ低減、SN比の向上、ボケ味を活かした映像表現ができるという。

 採用しているレンズは、35mm換算で動画時27.3~273mm、静止画で24.1~241mmの光学10倍ズーム。 F値は2.8~5.6。8枚羽根虹彩絞りを採用。複数枚のUD/Hi-UDレンズを使い、小型化と色収差補正を両立。 インナーフォーカスタイプを採用し、群内部分群光学防振機構で、手ぶれを抑えながら4K画質を維持している。
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20150408_695827.html
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
000
キヤノン、EOS 7D Mark II/70D購入で動画編集ソフトをプレゼント

キヤノンマーケティングジャパンは、「一眼レフで写真+動画キャンペーン」を実施する。
期間は4月10日~6月30日。

デジタル一眼レフカメラ「EOS 7D Mark II」または「EOS 70D」を期間中に購入して応募すると、グラスバレーの動画編集ソフト「EDIUS Neo 3.5」(ダウンロード版)がもれなくもらえるキャンペーン。レンズキットも対象。

Webサイトのフォームから入力後、必要書類を郵送して応募する。 応募締め切りは7月10日(当日消印有効)。

EDIUS Neo 3.5は、EOSで撮影した動画をファイル変換無しで読み込める動画編集ソフト。
価格は2万9,800円。
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20150408_696680.html
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
SnapCrab_NoName_2015-3-27_14-22-12_No-00
キヤノンは3月26日、ミラーレスカメラ「EOS M3」を発売しました。

EOS M3は、有効2,420万画素のAPS-Cサイズ相当CMOSセンサー、3型のチルト式液晶モニター、Wi-Fi/NFC機能などを搭載。外付けEVFにも対応。ボディのみの直販価格は税別5万6,800円です。
Source:Canon

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
280: 名無CCDさん@画素いっぱい 2015/03/19(木) 10:28:48.54 ID:b5LbEP1b0.net
SnapCrab_NoName_2015-3-19_19-24-11_No-00
キヤノンEOS M3の発売日、3月26日に
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20150319_693422.html
キヤノンは3月19日、ミラーレスカメラ「EOS M3」の発売日を3月26日に決定した。

2月6日の発表当初、3月下旬の発売としていたモデル。

限定のEVFキットを含むすべてのキットおよび、ネックストラップEM-E2、ネックストラップEM-200DB、ボディジャケットEH-27CJ、EF-M22mm F2 STM(シルバー)も同日に発売する。

EOS M3は、有効2,420万画素のAPS-Cサイズ相当CMOSセンサー、3型のチルト式液晶モニター、Wi-Fi/NFC機能などを搭載。外付けEVFにも対応する。ボディのみの直販価格は税別5万6,800円。

関連:キヤノンEOS M3新CM発表会に妻夫木聡さんが登場
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20150319_693597.html
公式サイト
http://cweb.canon.jp/eos/special/m3sp/
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
キヤノンは、エントリークラスの一眼レフカメラ2製品を4月下旬に発売する。EOS Kissシリーズの最新モデル「EOS Kiss X8i」と、ワンランク上の操作性を狙った新カテゴリーモデル「EOS 8000D」
09
EOS 8000D
同時発表のEOS Kiss X8iと同じ基本機能ながら、上面液晶パネルやサブ電子ダイヤルなどが設けられた上級モデル。EOS 70DとEOS Kiss X8iの中間に位置する。

メインターゲットは「もっと写真を楽しみたい一眼レフ入門者」。30代以上の男性、特に50代を重視しているという。一方、EOS Kiss X8iは女性がメインターゲットとなる。

価格はオープン。キヤノンオンラインショップでの直販価格は、ボディのみが9万7,800円、18-135レンズキットおよびダブルズームキットがそれぞれ13万4,800円(いずれも税別)。 

21
EOS Kiss X8i
こちらがEOS Kiss X7iの順当な後継モデル。女性をターゲットとしており、シンプルな操作でありながら、基本機能を充実させたモデルとなる。

なお2月6日現在、EOS Kiss X7の後継機は発表されていない。

基本機能はEOS 8000Dと同等。繰り返しになるが、EOS 8000Dとは上面液晶パネル、サブ電子ダイヤル、モードダイヤルの位置、LV表示モードなどの差異が見られる。

ファインダー、液晶モニター、記録メディアなどの仕様は共通。

約131.9×100.7×77.8mm。約555g(CIPAガイドラインによる)、約510g(本体のみ)。

価格はオープン。キヤノンオンラインショップでの直販価格は、ボディのみ9万2,800円、18-55STMレンズキットが10万1,800円、ダブルズームキットが12万9,800円(いずれも税別)。
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20150206_687132.html

続きを読む

このページのトップヘ