理想ちゃんねる

当ブログは2ちゃんねるから「ライフハック術」「雑学」「ITニュース」「ガジェットネタ」などをまとめています。

スポンサードリンク

au

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
01_N
KDDIは24日、auショップを活用したショッピングサービスを25日から始めると発表した。auショップの店員がタブレットを用いて食品や生活用品などを紹介、購入の手助けをする。携帯電話契約数の伸びが期待できないなか、顧客の来店機会を増やすことで囲い込みにつなげるとともに、新たな収益源にしたい考えだ。

「auウォレットマーケット」というこの新サービスは、まず東京、大阪、名古屋、福岡の直営4店舗で始め、年内に全国2500のauショップに拡大する。また、5月に子会社化したルクサ(東京都渋谷区)と協業して、インターネットショッピングサービスも始める。 取り扱う商品はauショップが約400弱、ネットショッピングが約700。

会見した村元伸弥コンシューマビジネス開発部長は「コンビニエンスストアのように3000、4000と品数を揃えてもショップで提案するのは難しい。価値のあるものにある程度商品を絞っていきたい」と語った。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150824-00000072-reut-bus_all
続きを読む
スポンサードリンク

  • カテゴリ:
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
25a50cea
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/22(土) 11:59:51.793 ID:ndcM0EEE0.net
底辺わろす



2: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/22(土) 12:00:20.410 ID:11KP84TP0.net
派遣?

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
au-kddi-president-tanaka_0
 KDDI(au)の田中孝司社長は7日、総務省から改善を要請された携帯電話料金の「2年縛り」を見直す考えを示した。2年ごとの自動更新を改め、最初の2年だけ料金を割り引くプランを検討中だという。大手3社で見直しを表明したのは初めてで、残る2社も追随する見通し。

 4~6月期の決算発表会見で述べた。携帯大手3社の一般的な料金割引プランでは、2年ごとに訪れる契約の更新期以外に解約すれば、違約金が発生する。利用者の契約を不当に縛っているとの批判があり、田中社長は「改善に向けて取り組んでいる」と話した。
http://www.asahi.com/articles/ASH875PY2H87ULFA026.html
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
20120116_kddi2_001
auメール「@ezweb.ne.jp」の障害は、発生から約2週間後の27日時点でも、一部のユーザーにおいて継続している。KDDIは、「復旧への対処はかなり進んでいる」としながらも、不具合の改善が見られない一部のユーザーに対し、端末の再起動やアカウントの再設定を呼びかけている。

27日10時時点で、メールの送受信は可能となっているが、一部のユーザーにおいては、過去メールが閲覧できないなどの不具合が継続。
同社広報部は、「復旧への対処はかなり進んでいる。今後は個別のお客様の問い合わせごとに対応していきたい」と回答している。また、現時点でも不具合の改善がみられないユーザーについて、「端末の状態とKDDI設備の状態が整合していない可能性がある」とし、ユーザーの状況に合わせた対策方法をアナウンスしている。
http://news.mynavi.jp/news/2015/07/27/332/
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
01-au-top
大手通信会社の「KDDI」は、これまで家族向け割り引きの対象としていなかった同性のカップルに対して、東京・渋谷区のように自治体が結婚に相当すると認める証明書があれば、携帯電話などの家族向けの割引料金を適用する方針を固めました。

「KDDI」は、家族を対象とした携帯電話などの割引料金を適用する場合、家族であることを証明するため住民票などの提出を求めていて、これまで同性のカップルは割り引きの対象にしていませんでした。

こうしたなか、渋谷区が10月にも同性のカップルに対して「結婚に相当する関係」と認める証明書を発行することになったため、KDDIはこの証明書があれば家族向けの割引料金を適用する方針を固めました。

今後、ほかの自治体でも渋谷区と同じような証明書を発行した場合も割り引きの対象とする方針です。アメリカでは、先月、連邦最高裁判所が示した判断を受けて、全米で同性婚が事実上、合法化され、同性愛者や心と体の性が一致しない性同一性障害などいわゆる「LGBT」の人たちを対象にしたビジネスも注目されています。日本でも生命保険の受取人に同性のパートナーを指定できるよう検討する動きもあり、今後、「LGBT」の人たちを対象としたサービスが広がる可能性もあります。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150718/k10010158751000.html
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
au-20121127
KDDI(au)の携帯電話の一部で7月12日から発生しているキャリアメールの送受信障害の影響が、5日経った7月17日20時現在も一部で障害が残っているようです。 メールの送受信が全くできない状態は解消しているが、受信の遅延が一部ユーザーで続いており、その障害の復旧のめどは立っていないとのこと。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
top
総務省は15日、携帯電話各社に対し、高額の解約金を課すことで利用者を囲い込む「2年縛り」と呼ばれる契約形態の是正を求める方針を固めた。同省の有識者会議が16日に提言として打ち出す。
同省は「契約先を変えにくい」という利用者の不満や、大手3社の寡占で料金が高止まりしている状況を問題視している。提言を受けても各社の契約形態の見直しが進まない場合は、より強く対応を求める措置も検討する。

携帯大手の基本料金は、月額2700円で2年以内の解約には9500円を課すプランと、解約自由で同4200円のプラン(いずれも税別、通話し放題の場合)が主流。解約金は「初期費用や中途解約による逸失利益を補うため」というのが各社の言い分だ。

一方、有識者会議は、最初の2年が経過した後も2年単位の契約が続くことや、解約までの期間の長短にかかわらず一律の解約金を課していることなどを問題だと指摘。より解約しやすい契約形態に改めるよう事業者側に求める。

総務省は「契約の形は経営の根幹部分であり、規制するよりも自主的な改善を期待したい」(幹部)との姿勢だ。
http://www.sankei.com/economy/news/150715/ecn1507150041-n1.html
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
wpid-logo_au1
7月12日、au - KDDIの一部ユーザーでEメールの送受信が利用できない状態になっているとのことです。

au - KDDIからも公式に発表されており、その情報によると、発生日時は7月12日18時26分頃から、設備の故障により、一部ユーザーでEメール利用できない状況が発生。 現在、復旧作業中とのことです。

音声通話は利用できます。
Source:KDDI
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
SnapCrab_NoName_2015-7-11_10-28-35_No-00
 KDDI(au)は10日、従来型携帯電話の形状でスマートフォンの一部機能を持つ「ガラホ」の料金を値下げしたと発表した。従来は5940円(データ通信量2ギガバイト)からとしていた月額料金を1941円(同10メガバイト)からとした。データ量を200分の1に減らし、料金を大幅に引き下げた。
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201507/2015071000388

月々1,798円からご利用いただける「AQUOS K SHF31」向け新料金プランの提供開始について
http://www.au.kddi.com/information/topic/mobile/20150710-01.html
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
no title
 同じ電話番号のまま携帯電話事業者を変更する番号持ち運び(MNP)制度の利用状況で、NTTドコモが6月に6年5カ月ぶりの転入超過になったことが9日、分かった。ドコモの回線を借りて通信サービスを提供する仮想移動体通信事業者(MVNO)経由の利用者増が大きく寄与したためで、新規契約から解約を引いた純増数も好調だった。一方、ソフトバンクは8年3カ月ぶりにMNPが転出超過となり、携帯電話大手の勢いに変化の兆しがみえてきた。
http://www.sankei.com/economy/news/150710/ecn1507100004-n1.html
続きを読む

このページのトップヘ