理想ちゃんねる

当ブログは2ちゃんねるから「ライフハック術」「雑学」「ITニュース」「ガジェットネタ」などをまとめています。

スポンサードリンク

YAMAHA

    このエントリーをはてなブックマークに追加
SnapCrab_NoName_2019-11-12_11-30-53_No-00
760: 名無し 2019/11/11(月) 13:09:19.70 ID:l3oK5h1Td
YAMAHAからもTWSでるな
音量に応じて音のバランスを最適化する「リスニングケア」搭載モデルを国内先行発売
ヤマハ 完全ワイヤレスBluetooth®イヤホン『TW-E7A』『TW-E5A』『TW-E3A』
https://www.yamaha.com/ja/news_release/2019/19111101/
続きを読む
スポンサードリンク

  • カテゴリ:
    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無し 2017/10/31(火) 17:28:49.13 ID:U+mjvkXbM
うひょーww
no title
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無し 2017/07/05(水) 23:29:09.755 ID:fONQsI+00
思ったより超高音質でワロタァwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
no title
続きを読む

  • カテゴリ:
    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無し 2017/02/26(日) 20:43:09.74 ID:Gz2ka/q50 BE:422186189-PLT(12015) ポイント特典
no title 続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
ws_yamaha_metal_logo_1366x768
「YAMAHAのコピペ」ってどこまで本当なの?ヤマハ本社に聞いてきた 
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
l_ts_ns5k10
「本当に良いものにハイレゾマークはいらない」――ヤマハの次世代リファレンススピーカー「NS-5000」がついに発売
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
l_yu_yamaha1
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1603/29/news069.html
ヤマハ発動機のグループ企業であるYamaha Motor Europeは3月17日、韓国Samsung Electronicsと共同でバイク用スマートフロントガラス「Smart Windshield」のコンセプトモデルを開発したと発表した。

ヤマハの3輪バイク「Tricity」に設置し、SamsungのスマートフォンとWi-Fiで接続することでディスプレイにGPSナビや着信メッセージを表示する。

メッセージの着信に例えば「今バイクの運転中なので後で返信する」などと自動返信する機能も搭載する。まだプロトタイプの段階であり、具体的な商品化の予定などは発表されていない。
続きを読む

  • カテゴリ:
    このエントリーをはてなブックマークに追加
no title
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/01/04(月) 10:00:16.324 ID:IdESQyx30.net
楽器、バイク、オーディオ、ボーカロイド

すごい(小並感)



2: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/01/04(月) 10:00:42.505 ID:dt3S81Jp0.net
ルーターもな

続きを読む

  • カテゴリ:
    このエントリーをはてなブックマークに追加
ヤマハがロボットの運転するオートドライブバイクを紹介しました。
no title
“モトボット”と名付けられたこのマシーンは時速200kmで自動走行することが出来ます。
レーストラックを早いスピードでもドライバーが安全に走ることを助けるために開発されたようです。
ヤマハはこの技術は“新しいビジネスの開拓”になるだろうとしています。
モトボットは東京モーターショーでも紹介されました。
http://www.scienpost.com/archives/1043782353.html
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
VOCALO

0: 管理人 2014/11/20(木) 
YAMAHAは11月20日に開催した VOCALOID 新製品発表会 で『VOCALOID4 Editor』『VOCALOID4 Editor for Cubase』 『VOCALOID4 Library VY1V4』を発表しました。様々な進化や新機能の追加がされているようです。

続きを読む

このページのトップヘ