理想ちゃんねる

当ブログは2ちゃんねるから「ライフハック術」「雑学」「ITニュース」「ガジェットネタ」などをまとめています。

スポンサードリンク

SoftBank

    このエントリーをはてなブックマークに追加
yo_sb01
4月にソフトバンクモバイルの代表取締役社長 兼 CEOに就任した宮内謙氏は、5月19日に開催された2015年夏モデル発表会で、今後も少数は販売するとしながらも「本質的にはガラケーは必要ない」と語った。

「60代のスマホ比率は5%くらいと言われているが、本当はスマホを使いたいという人の深層心理はすごく高まっている。綺麗な写真が撮れたり、音楽が聴けたり、どう考えてもスマホの方が優れている。(フィーチャーフォンは)出してはいくが、ガラケーやガラホを宣伝したいなんて全然思っていない」(宮内氏)。

ただし、実際にスマートフォンに機種変更してみたものの、操作性に慣れないなど「ちょっとしたことがバリアになって、ガラケーに戻る方もいる」(宮内氏)ことから、今後は店舗などでスマートフォンを普及させるためのエバンジェリストなどを増やしていきたいとした。

NTTドコモとKDDIは2015年夏モデルとして、Android OSを搭載したいわゆる“ガラホ”を発表したが、ソフトバンクモバイルはスマートフォンしか発表しなかった。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150519-35064676-cnetj-sci
続きを読む
スポンサードリンク

    このエントリーをはてなブックマークに追加
SnapCrab_NoName_2015-5-19_11-8-58_No-00
Softbankは、5月19日に開催した「ソフトバンクモバイル」で、SHARP製のフレームレスデザインのスマートフォン「AQUOS CRYSTAL 2」を7月中旬に発売すると発表しました。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
SnapCrab_NoName_2015-5-19_11-40-50_No-00
Softbankは、5月19日に開催した「ソフトバンクモバイル記者発表会」で、5.7インチ・フルHD液晶搭載のSHARP製スマートフォン「AQUOS Xx」を6月下旬以降に発売すると発表しました。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
SnapCrab_NoName_2015-5-19_12-19-39_No-00
Softbankは、5月19日に開催した「ソフトバンクモバイル記者発表会」で、Sony Mobileのフラグシップスマートフォン「Xperia Z4」を6月中旬以降に発売すると発表しました。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
fly_gol1_pos1_000
Softbankは、5月19日に開催した「ソフトバンクモバイル記者発表会」で、Samsungのフラグシップスマートフォン「Galaxy S6 edge」を5月29日に発売すると発表しました。

続きを読む

  • カテゴリ:
    このエントリーをはてなブックマークに追加
no title
ソフトバンクが公開した自社CM動画が「どう見てもドコモにケンカを売っている内容」と話題

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
f916517a
日本3位のモバイル通信会社ソフトバンクが早ければ来週から、日本市場で三星(サムスン)電子の「ギャラクシーS6」と「ギャラクシーS6 Edge」を販売する。

ソフトバンクが三星電子のスマートフォンを取り扱うのは4年半ぶりのことで、ギャラクシーSシリーズの中では今回が初めてだ。
http://japanese.donga.com/srv/service.php3?biid=2015051399998
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
no title
「アメリカ放題」の次は「韓国放題」が実現か?
日本のみならず、米国でも携帯電話事業に参入しているソフトバンクが、次は韓国の携帯電話事業に参入するのではないかと韓国デジタルタイムズが報じています。

韓国国内で高まる、第4の通信キャリア設立への期待
現在、韓国ではSKテレコム・LG U+、KTという3つの大手キャリアが存在していますが、韓国国内では第4の通信キャリア設立の機運が高まっています。
業界筋によれば、韓国政府は、第4の通信キャリア設立に向けて、破格の支援策を用意しており、その1つとして、仮に第4の通信キャリアが発足した暁には、自社通信網の整備に要する3年間、既存の通信キャリアの通信網を選択できる方式が導入されると噂されています。

情報元によれば、韓国政府は第4の通信キャリアとして、外国資本の企業を受け付けることはしない方針であるものの、ソフトバンクはこの事情を鑑み、第4の通信キャリアとして直接参入するのではなく、新たに発足する会社の49%の株式を購入することで経営に参画し、韓国進出を検討していると報じられています。
http://news.livedoor.com/article/detail/10095318/
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
SnapCrab_NoName_2015-5-10_18-7-47_No-00
ソフトバンクは昨年末、宅内機器を設置するだけですぐにつながる、使い放題の高速インターネットサービス「SoftBank Air」を開始しました。

同サービスは、下り最大110Mbpsの高速無線通信が使い放題という点が魅力の1つでもあったのですが、今後はヘビーユーザーに対して、通信制限が課される可能性が浮上しました。

ブログメディアBuzzapによりますと、ソフトバンクは4月に「SoftBank Air」のサービス規約を変更していたようです。
変更前と変更後のサービス規約の内容は、以下の通りです。

【サービス規約(変更前)】
パケット利用量の制限がない定額制サービスのため、大容量データ通信や家族で共用してのインターネット利用が月額4,196円でデータ量の制限なく利用可能です。

【サービス規約(変更後)】
本サービスの安定供給を目的として、当社(ソフトバンク)の判断により、会員の本サービス利用に係る通信に割り当てる帯域を制限する場合があります。
http://news.livedoor.com/article/detail/10095215
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
SnapCrab_NoName_2015-5-7_18-3-18_No-00
 ソフトバンクとヤマダ電機は7日、資本・業務提携を結ぶことで合意した、と発表した。
近くヤマダ電機の自社保有株から5%分をソフトバンクが引き受け、ヤマダ電機の大株主となる。
ソフトバンクは携帯電話や通信回線、ロボットまでヤマダ電機の幅広い販売力に期待している。

 ソフトバンクはヤマダ電機は株式数の5.0%に相当する4832万4400株を1株当たり471円、総額227億6千万円で引受ける。

 具体的な事業提携として、ソフトバンクは(1)ヤマダ電機の全国店舗網を活用して、携帯電話や通信回線販売を強化(2)自然エネルギー事業、ロボット事業とヤマダ電機のスマートハウス事業の組み合わせによる情報通信事業の拡大--などを進める。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150507-00000517-san-bus_all
続きを読む

このページのトップヘ