理想ちゃんねる

当ブログは2ちゃんねるから「ライフハック術」「雑学」「ITニュース」「ガジェットネタ」などをまとめています。

スポンサードリンク

SoftBank

    このエントリーをはてなブックマークに追加
0-Lollipop
ソフトバンクは7月27日、SonyMobile製のAndroidスマートフォン「Xperia Z3 401SO」にAndroid 5.0.2(Lollipop)アップデートを開始したと発表しました。

続きを読む
スポンサードリンク

    このエントリーをはてなブックマークに追加
SnapCrab_NoName_2015-7-23_9-42-8_No-00
ソフトバンクは22日、同社の携帯電話利用者がファミリーマートで買い物した際に、共通ポイントサービス「Tポイント」の付与額を通常の3倍にすると発表した。8月4日以降、購入額200円につき3ポイントを付与する。NTTドコモも6月にローソンと同様の提携を始めており、ポイントサービスでの優遇によって利用者を囲い込もうとする動きが加速してきた。

 ソフトバンクの優遇を受けるには、携帯販売店やネット経由での事前登録が必要。ソフトバンクのプリペイドカードで精算する際はポイント付与が4倍、同カードで自動チャージを利用している場合は5倍に増える。
http://www.sankeibiz.jp/business/news/150722/bsd1507221521007-n1.htm
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
top
総務省は15日、携帯電話各社に対し、高額の解約金を課すことで利用者を囲い込む「2年縛り」と呼ばれる契約形態の是正を求める方針を固めた。同省の有識者会議が16日に提言として打ち出す。
同省は「契約先を変えにくい」という利用者の不満や、大手3社の寡占で料金が高止まりしている状況を問題視している。提言を受けても各社の契約形態の見直しが進まない場合は、より強く対応を求める措置も検討する。

携帯大手の基本料金は、月額2700円で2年以内の解約には9500円を課すプランと、解約自由で同4200円のプラン(いずれも税別、通話し放題の場合)が主流。解約金は「初期費用や中途解約による逸失利益を補うため」というのが各社の言い分だ。

一方、有識者会議は、最初の2年が経過した後も2年単位の契約が続くことや、解約までの期間の長短にかかわらず一律の解約金を課していることなどを問題だと指摘。より解約しやすい契約形態に改めるよう事業者側に求める。

総務省は「契約の形は経営の根幹部分であり、規制するよりも自主的な改善を期待したい」(幹部)との姿勢だ。
http://www.sankei.com/economy/news/150715/ecn1507150041-n1.html
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
Huawei-and-SoftBank-MoU
ソフトバンクとWireless City Planningは、ファーウェイ、ZTEの両社と、それぞれ次世代のモバイル向け通信技術を共同開発することで合意した。

 WCPでは、LTEの方式の1つである「TD-LTE方式」と高い互換性を持つ「AXGP方式」でサービスを提供している。ファーウェイ、ZTEとの共同開発では、数多くのアンテナを使う「Massive MIMO」や、周波数利用効率を向上させる技術などの実験や検証を進める。具体的な時期や求めるスペックは今後だが、ユーザーが快適に通信サービスを利用できるよう、キャパシティの拡充を主眼に置く形になる。また、少なくとも日本では5Gが2020年ごろには商用化される見込みで、それよりも前の段階で、共同開発する技術の導入が図られる。

 一方、協力企業であるファーウェイでは、ソフトバンクと4.5G(第4.5世代)と位置付ける通信技術「TDD+」の共同開発を行うと発表。5G(第5世代)の要素技術の一部を先取りすることで、現在のAXGPよりも5倍程度、周波数利用効率を向上できると説明する。

 またZTEでは、Massive MIMO、UDN(ultra-dense networks)、MUSA(multi-user shared access)といった技術を共同開発すると説明する。
 ソフトバンクによれば、今回の共同開発は、「ソフトバンク/WCPとファーウェイ」「ソフトバンク/WCPとZTE」という2つの取り組みになるとのこと。
http://k-tai.impress.co.jp/docs/news/20150710_711153.html
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
ヨドバシのY!のポップに悪意しか感じられない。プラチナバンドってこれ実質全部対応してんじゃんwww
no title
https://twitter.com/kae_sakura/status/620195635161993217

●各端末対応バンド(5、6、8、18、19、26、28がプラチナバンドに相当)
・Nexus5
3G:1、2、4、5、6、8
LTE:1、3、5、7、8、20

・ZENfone2
3G:1、2、5、6、8
LTE:1、2、3、4、5、6、8、9、18、19、28

・LTE XM
3G:1、19
LTE:1、3、19

・Priori2 LTE
LTE:1、3、19

・LG G3
LTE:1、3、7、8、20、28、40
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
Sony-Xperia-Z4-official-3
NTTドコモとソフトバンクは7月9日、「Xperia Z4(SO-03G / 402SO)」にタッチパネルが一部反応しにくい問題を修正するアップデートの配信を開始しました。

修正されるのは、ディスプレイ左側中央部分をタッチしても反応しないことです。

auの「Xperia Z4 SOV31」にも同じ内容のアップデートが7月4日に配信されています。
Source:ドコモソフトバンク

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
no title
 同じ電話番号のまま携帯電話事業者を変更する番号持ち運び(MNP)制度の利用状況で、NTTドコモが6月に6年5カ月ぶりの転入超過になったことが9日、分かった。ドコモの回線を借りて通信サービスを提供する仮想移動体通信事業者(MVNO)経由の利用者増が大きく寄与したためで、新規契約から解約を引いた純増数も好調だった。一方、ソフトバンクは8年3カ月ぶりにMNPが転出超過となり、携帯電話大手の勢いに変化の兆しがみえてきた。
http://www.sankei.com/economy/news/150710/ecn1507100004-n1.html
続きを読む

  • カテゴリ:
    このエントリーをはてなブックマークに追加
iphone6-select-2014_GEO_JP1-654x400
他人名義の健康保険証などを使って契約を偽装して携帯電話の通信回線を開き、スマートフォン(スマホ)「iPhone 6」などを不正に入手したとして、大阪府警と滋賀県警の合同捜査本部は1日、ソフトバンクの携帯電話販売店員で中国籍の女2人を電子計算機使用詐欺の疑いで逮捕した。

 合同捜査本部はこれまでに2人を含む計13人の中国人を逮捕。入手したスマホなどは約300台、被害総額は計約4000万円に上る。スマホは中国に持ち込まれ、転売されたとみられる。

 1日に逮捕された王紅蕊容疑者(32)=兵庫県伊丹市柏木町1=ら2人の逮捕容疑は昨年10~11月、大阪市の家電量販店で、他人名義の健康保険証を使って計30回線を通信可能にした疑い。保険証は滋賀県に住む中国人から借りた在留カードを用いて
入手したという。

 王容疑者らは顧客1人当たり最大10回線の通信回線を契約できる同社の仕組みを悪用していた。
http://www.nikkei.com/article/DGXLASHC01H7Y_R00C15A7AC8000/?n_cid=TPRN0009
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
top
ソフトバンクがMVNOを推進する子会社を立ち上げます。詳細は以下から。
ソフトバンクモバイルのプレスリリースによると、同社は新たに子会社「SBパートナーズ株式会社」を立ち上げ、さまざまな産業分野のパートナー企業との協業を通じてMVNO事業を推進していくそうです。

なお、MVNO事業者との接続については従来通りソフトバンクモバイルが提供するとのこと。
SBパートナーズの代表取締役社長はワイモバイルのCOOなどを務めた寺尾洋幸氏で、通信事業者としてのノウハウやインフラの提供を通じて、パートナー企業とともに付加価値の高いサービスを開発し、MVNO事業の拡大を目指すとしています。
http://buzzap.jp/news/20150630-softbank-mvno-sb-partners/
プレスリリース
http://www.softbank.jp/corp/group/sbm/news/press/2015/20150630_03/
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
DSC08218
 総務省は大手携帯電話会社に対し、高額の解約金を課すことで利用者を囲い込む「2年縛り」と呼ばれる契約形態を改善するよう求める方針を固めた。

 総務省の有識者会議が29日の会合を踏まえ、契約開始から2年たった後はより解約しやすい料金制度にするよう促す提言を7月にまとめ、総務省が携帯会社に対応を求める。

 携帯電話市場はNTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクモバイルの大手3社の事実上の寡占状態であるため、利用者の間で、「2年縛り」が選択の幅を狭めているとの根強い不満がある。

 有識者会議は、月額基本料金の安い「2年縛り」の契約も選択肢としている。
一方、〈1〉契約から2年たった後はいつ解約しても解約金がかからず、月額基本料金を比較的抑えた新料金プランの新設〈2〉解約金の段階的引き下げ――などを想定している。
http://www.yomiuri.co.jp/economy/20150629-OYT1T50077.html
続きを読む

このページのトップヘ