理想ちゃんねる

当ブログは2ちゃんねるから「ライフハック術」「雑学」「ITニュース」「ガジェットネタ」などをまとめています。

スポンサードリンク

SSD

    このエントリーをはてなブックマークに追加
top
海外メディアの報道によると、2014年4月にデータセンターなどのエンタープライズ向けに4TBモデルのSSDを発売したサンディスクが、2016年後半にも6TBおよび8TBのSSDを発売するそうです。

現在開発されている6TB・8TBモデルのSSDは東芝とサンディスクが共同開発を進めている次世代の15nmプロセスの製造技術を採用した、MLC NANDフラッシュメモリを用いたもので、毎秒最大12GBのデータ転送が可能。

しかしその後は(PDFファイル)3次元構造の「BiCS技術」を採用したフラッシュメモリに切り替えるとしています。

東芝が試算したBiCSフラッシュメモリの容量当たりのコスト。平面メモリを単純に積層するより、GBあたりのコストを引き下げることができます。サンディスクは4TB→8TB→16TBと、SSDの容量を拡大してゆく予定。ノートパソコンのハードディスク1台分のサイズで16TBの記録容量というものは、なかなかとんでもないことではないでしょうか。

また、新技術の採用によって1GBあたりの単価は2017年にはHDD並みに近づく見通し。2010年と比較して、実に10分の1以下に引き下げられると見積もられています
http://buzzap.jp/news/20150727-sandisk-8tb-16tb-ssd/
続きを読む
スポンサードリンク

    このエントリーをはてなブックマークに追加
small_intel-ssd-730-2

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/10(金) 09:04:03.112 ID:jXlEKqYaE.net
OS入れる適当なゲーム入れる

大体250GBで事足りるよな



3: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/10(金) 09:05:26.708 ID:BJg1E5xJ0.net
俺は256GBにしてるわ



2: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/10(金) 09:05:02.354 ID:kq2Vw16Q0.net
よくわからんけどパソコンのHDDを全部SSDに変えたらどうなんの?

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
ouirx4

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/14(火) 21:38:31.793 ID:Dkq8Sd0T0.net
使用中のCドライブがすでに256GB超えてて移行できない件

なんてこったい



2: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/14(火) 21:39:05.649 ID:Vn+GikUv0.net
(全部うつさなくてええやん)



4: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/14(火) 21:39:55.393 ID:Yh9OkQ++0.net
(OS部分だけでええやん)

続きを読む

  • カテゴリ:
    このエントリーをはてなブックマークに追加
l_yu_ssd2
 韓国Samsung Electronicsは7月6日、SSDの「850 EVO」および「850 PRO」シリーズの容量2Tバイトモデルを発表した標準モデルの「850 EVO」は799.99ドル(約9万8000円)、「850 PRO」は999.99ドル。

 サイズは約70×100×7ミリで重さは約64グラム。PROの読み込み速度は最高550Mバイト/秒、書き込み速度は最高520Mバイト/秒。接続がSATAなのでデスクトップにしか接続できないが、Samsungは将来的にはmSATAポートモデルも提供する計画としている 発売日はまだ不明。50カ国以上で販売するとしているので、日本でも発売されそうだ
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1507/08/news089.html
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
01SSDVSHarddisk
SSDはHDDよりも高くて速いはウソ? SSDをめぐる5つの誤解
かつてはストレージベンダーの差別化手段となるくらいニッチなストレージ製品だったフラッシュ(SSD:ソリッドステートドライブ)。急速な進歩を遂げ、今ではすっかり一般的な技術になった。フラッシュストレージが成功した最大の原因は、基幹業務アプリケーションで求められる速度を提供したからだ。

本稿ではフラッシュベースのストレージをめぐる5つの大きな誤解を取り上げるとともに、その背後に隠された現実について述べる。

誤解その1: ハイブリッドアレイあるいはオールフラッシュアレイは、ストレージ関連のパフォーマンス問題を全て解決する

誤解その2:フラッシュドライブはサーバよりもアレイに組み込む方がよい

誤解その3:SSDはHDDよりもはるかにコストが高い

誤解その4:ハイパーコンバージドシステムはオールフラッシュにできない

誤解その5:フラッシュSSDはHDDより高速である
http://techtarget.itmedia.co.jp/tt/news/1506/11/news07.html
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
01
 台湾Apacerは26日(現地時間)、DIMM上にSSDを搭載可能な「Combo SDIMM」を正式に発売することを決定したと発表した。日本でも取り扱う。

 2014年のCOMPUTEXで参考出展されていたもので、通常のDDR3-1600対応の8GBモジュールの上部に、M.2 2242/2260/2280対応スロットを搭載。基板の高さは41.3mmとなっており、ほぼメモリモジュール分の容積で、フラッシュストレージまで統合できることから、小型PCや組み込み向けに好適としている。

 データ転送インターフェイスはSATA 6Gbpsで、基板上部にDIMM用とは別に7ピン端子を装備。電源は別途必要なく動作する。搭載できるSSDの最大容量は256GB。

 なお同社では、M.2の代わりにCFスロットを装備するCombo SDIMMも発表済み。
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20150626_708969.html
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
HDD_and_SSD

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/24(日) 08:52:47.406 ID:p/ch3AfBp.net
そんなに違うんか?(´・ω・`)



2: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/24(日) 08:54:15.998 ID:iNDgUolK0.net
HDDに戻りたくなくなる速さ



3: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/24(日) 08:54:27.973 ID:XVIo8RY30.net
速すぎであっけないほど

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
no titleno title

バスインターフェイスはPCI-Express3.0(x4)で、SSD用の最新プロトコルNVM Expressに対応。公称スペックは1.2TBモデルがシーケンシャル読込2,400MB/sec、書込1,200MB/sec、ランダム読込44万IOPS、書込29万IOPS、400GBモデルがそれぞれ、2,200MB/sec、900MB/sec、43万IOPS、23万IOPS。レイテンシは読込・書込とも20μsとされ、SATA3.0(6Gbps)モデルはもちろん、これまでのコンシューマ向けPCI-Express SSDをも遥かに上回る高速転送を実現している。
http://www.gdm.or.jp/crew/2015/0418/111969
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
3D NAND Die with M2 SSD(1)

939: Socket774 2015/03/27(金) 02:56:50.94 ID:Bzu4mroc.net
Micron And Intel Unveil New 3D NAND technology
http://www.storagereview.com/micron_and_intel_unveil_new_3d_nand_technology

32層MLC 256Gb(32GB) サンプル出荷は今日から
32層TLC 384Gb(48GB) サンプル出荷は1Q末(今月末?)から
量産は今年下半期からとのこと

この3D NANDにより、M.2 SSDで3.5TB、2.5インチSSDで10TB以上の大容量が可能

また従来のプレナーNANDに対し
容量あたりコスト、速度、電力消費、レイテンシ、耐久性なども改善されている



951: Socket774 2015/03/27(金) 15:17:27.93 ID:bVCKhd7c.net
IntelとMicron、1ダイあたり48GBを実現する3D NAND
~2.5インチで10TBのSSDが実現可能に
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20150327_694897.html

続きを読む

このページのトップヘ