理想ちゃんねる

当ブログは2ちゃんねるから「ライフハック術」「雑学」「ITニュース」「ガジェットネタ」などをまとめています。

スポンサードリンク

SNS

    このエントリーをはてなブックマークに追加
no title
最近、流行りのselfie(セルフィー)ってご存じですか? これは、日本語でいうと「自撮り」のこと。

海外でもブームになっていて、ハリウッドスターらがこぞって自撮り画像をSNSにアップし、大きな話題を集めています。 日本でも、TwitterやFacebookなどで自撮り画像をアップしている人を見かけたことはあるのではないでしょうか。

ただし、セルフィーにハマっている女子を、男性はあまりよく思っていません。その理由はなぜか。

■ただの“ナルシスト”に見える
「おはよう。いま起きたよ」「これから仕事に行っていきます」など、何気ない日常の呟きとともに、自撮り画像をアップする女子は多いですが、彼女らに対して、男性は「単なるナルシスト」「自分大好き女」という感想しか抱きません。 目が覚めたことや出勤する様子を伝えるのに、自撮り画像をアップする必要はないからです。そこに透けて見える、「わたし、かわいいでしょ?」という腹黒い一面に、男性はひいてしまうのです。

なかには、「今日は友達と○○を食べたよ」と言いつつ、肝心の料理画像はアップせず、自分と友人の顔写真を載せている女子もいます。そんなの言語道断。
いつ見ても代わり映えのしない(変な)キメ顔を載せるくらいならば、おいしそうな料理の写真を見せてほしいものです。自分が大好きな女子は、男性に相手にされませんよ。

■ただの“かまってちゃん”に見える
最近多いのが、「わたしって本当にブス」「もうこんな顔、イヤ」「もっとかわいくなりたいな」など、自己否定する文言とともに自撮り画像をアップする女子。
そして、その投稿に対して、「そんなことないよ」「十分かわいいよ」など、肯定するようなコメントが寄せられる。いやー。これは茶番劇以外の何物でもないですね。

続きはソースで
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/9890041/
続きを読む
スポンサードリンク

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: エルボードロップ(大阪府)@\(^o^)/ 2015/01/27(火) 17:10:32.18 ID:ZAksdM6r0.net
c2c758aa-0b97-4ce1-b6a0-2527acad823e

Facebook、Twitter、LINEなど、人と人とを簡単に繋げてくれるSNSのサービスは、時としていじめのツールになり得ます。ネット上でのいじめは、日本を始め世界中で深刻な問題となっているのです。
この現実を根絶するべく、アメリカ・フロリダ州に住むトリーシャ・ブラブさんが、ネット上でのいじめについて訴えます。

2013年の秋、学校から帰宅したトリーシャさんは信じられないニュースを目にします。それは同じくフロリダに住む13歳の女の子が、SNS上で受けたいじめを苦に飛び降り自殺をしたというものでした。

この衝撃的なニュースをきっかけにトリーシャさんは、SNS上のいじめについて考えるようになります。

独自に調査をおこなうと、ネットのいじめを苦に自ら命を経っている人が世界にはたくさんいることを知りました。軽い悪口から、心に深く残る中傷まで、SNSでのいじめは様々な形で行なわれていたのです。

SNSのメッセージで「この世界からお前が消えてしまえばいいのに」と言われた少女が、寝室のクローゼットで首をつった状態で母親に発見されたという痛々しい事件もありました。

トリーシャさんは、これらの事件の加害者が心無い行動を取る前に説得することが出来ていたら、一人でも多くの命を救えたのではないか…と考えました。

続く
http://whats.be/106644

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ひろし ★@\(^o^)/ 2015/01/05(月) 21:58:18.94 ID:???0.net
twitterfacebook

Facebook、Twitter……今やSNSのアカウントを1つも持っていない人は珍しい時代。
みなさん、投稿内容にはちゃんと気をつけていますか? 採用担当者は、見ています!

「Online Classes.org」の調べによると、「人を採用する際インターネットでその人を検索する」と回答した人事担当者は、実に79%!
しかも、調べたSNSなどネット上の内容で人を不採用にしたことがある担当者が70%もいました。

これは就職に大きく響きそうです。
それでは、一体何を投稿してはいけないのでしょうか? その判断基準を紹介します!

■ NG文章
・汚い言葉、語尾を含む文章
・酔っているときに書いたと判る文章
・一般人が見て理解しがたい歌詞や詩
・「疲れた」「寝ます」などの短文投稿
・他人の悪口
・下ネタなど、他人に話すべきでない個人的な内容

■ NG写真
・写っている誰かの着衣が乱れている
・写っている誰かが法律に反する行為を行っている
・元カレ(今現在も付き合っている相手のみOK・キスなど性的に絡んでいないものに限る)
・食べ物(単に今日食べたものなどをひたすら投稿しているような人の評価はダウン)

そして最後に、もう1つ。
その文章(写真)が、本当に人に見せる価値のあるものか自問するのをお忘れなく!

http://news.livedoor.com/article/detail/9642207/

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ボ ラギノール(庭)@\(^o^)/ 2014/12/03(水) 18:21:56.93 ID:sF28Ceth0.net
言うまでもなくSNSは過剰な自意識との戦いの場。ついつい自慢めいた投稿をしたくなる欲望は誰にでもあると思いますが、実際に「リア充投稿をすると嫌われる」ことを検証した研究。

実験のために、研究者はニセのFacebookアカウントを作成。200人の被験者に投稿を見てもらい、アカウントの主に好感が持てるかを判定してもらったそうな。投稿の中身はガールフレンドとイチャついてる男という設定で、以下の3パターンで強弱をつけたらしい。

やり過ぎなリア充: 「彼女にメロメロだ!好きすぎて普通じゃいられない!」みたいなやつ
ちょい上のリア充: 「彼女を愛しているんだ」みたいなやつ
普通のリア充: 「ちょっと連絡がない。メールがほしいな…」みたいなやつ

結果はご想像のとおりでして、リア充レベルが高い投稿ほど、そのアカウント主を嫌う確率が高かったんですな。なかでも、やり過ぎバージョンに関しては、「好感を持った」と答えた被験者はゼロだったとか。まぁ非常に納得できる結果ですね。

研究者いわく、「もしパートナーとの関係が上手くいっているとしても、いちゃつく姿をFacebookに投稿する行為は大きな危険をともなう。確かにリア充ぶりは伝わるが、一方ではみんなから確実に嫌われてしまうのだ」とのこと。

http://buzz-plus.com/article/2014/12/03/facebook-real/
no title

no title

続きを読む

このページのトップヘ