理想ちゃんねる

当ブログは2ちゃんねるから「ライフハック術」「雑学」「ITニュース」「ガジェットネタ」などをまとめています。

スポンサードリンク

SDカード

  • カテゴリ:
    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2015/06/30(火) 21:03:24.43 0.net
水鳥 @minadorin

SDカードを分解したらmicroSDが出てきた。 今年一番驚いてる
https://twitter.com/minadorin/status/615820154270715904/
no titleno title
no title
続きを読む
スポンサードリンク

    このエントリーをはてなブックマークに追加
sandisk
MWC2015でサンディスクが発表した、世界最大容量となる200GBのmicro SDXCカード「SanDisk Ultra 200GB Micro SD (SDSDQUAN-200G-G4A)」。
「ついにここまで!」「ウチのメインSSDより大容量だぜ!」と、ストレージフリークたちをちょっぴりザワつかせたヤツが、ついに発売されたようです。

定価は249.99ドル(約3万1250円)。海外Amazonでは10%オフで239.02ドル(約2万9875円)となっています。国内Amazonではまだ取り扱いはないようですが、秋葉原のPCパーツショップ数店舗ですでに取り扱いが開始されているという情報も。

対応が不安にもなりますが、規格的には128GBまでのmicroSDXCカードをサポートしている端末であれば利用できるようですよ。

同じくサンディスク製の128GBのmicroSDXCカードがAmazonで8800円程度。そう考えると、まだまだコストパフォーマンス的には厳しいところですが、なにせ200GB。その圧倒的な大容量は魅力です。
http://www.gizmodo.jp/2015/06/200gbmicrosd.html
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
a01_m
microSDカードサイズでは世界最大容量となる512GBモデルが2015年7月にMicrodiaから発売されると判明しました。2015年3月にSanDiskが200GBのmicroSDカードを発表していましたが、今回Microdiaから発表されたモデルは倍以上の容量を誇る、世界最大容量モデルとなる見込みです。

現在、台湾で開催されているIT見本市「COMPUTEX TAIPEI 2015」で、Microdiaが世界最大容量となる512GBのmicroSDカード「Xtra Elite 512GB」を2015年7月にリリースするとCNETに伝えたとのこと。 Xtra Elite 512GBはUltra High Speed (UHS)II対応で、最大転送速度は300MB/s。
なお、実際にCOMPUTEX TAIPEI 2015の会場内で展示されていたのは、サンプル品はなくパッケージのみだった模様。

プロ・アマ問わずカメラマンやGoProなどのアクションカメラの愛好家など、容量はいくらあっても十分ではないという人にはmicroSDカードの世界最大容量記録更新は朗報と言えそうです。
ただし、Microdiaによると512GBのXtra Eliteは約1000ドル(約12万円)になる見込みとのことで、簡単に手が出る価格とは言えません。
http://gigazine.net/news/20150605-512gb-microsd-card/
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
no titleno title

 Amazonの商品ページにずらっと並んだ星5個の満点評価。ところがその内容をよく見てみると、「このSDカードの画像を壁紙にした所、なんと音質が向上しました!」
「選ばれし者にしか感じ取れない第六感エレクトロニクス」など、露骨にプラシーボ効果を皮肉ったレビューばかりです。
「なんとイヤホンを外しても音楽が聞こえるのです! 聖母の声も聞こえます、知らないおじさんの声も聞こえます」
「私の精神状態は正気ではありません!」など高音質すぎてあっちの世界に行ってしまっている人もちらほら。
ついには「『ピンポーン』と自宅のチャイムが鳴った時から、『お、この澄んだ高音域はあの製品が届いた音かな?』とクリアにわかりました」という人まで登場しています。
「配達員が受領印を求めるハイトーンボイス」ってなんだよ! もう主旨変わってるじゃねえか!

 また、「最初は他のチープなSDカードとの違いが全くわかりませんでしたが、100均で買った綿棒で耳くそを取り除いたら劇的に音質が向上しました!」という人も。ちなみに耳くそを取り除いた結果、チープなSDカードで聴く音まで改善されたそうです。当たり前だろ!

 オーディオマニアが音質の微妙な違いにこだわりすぎることは、これまでにも「電力会社で音質が変わる」というコピペネタなどでいじられているもの。 今回のソニー製品の実際の性能はともかく、その売り文句などから格好のネタ対象にされてしまっているようです。
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/spv/1503/12/news141.html
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
no title
SDカードで音質が変わる?誰もが効果を疑う ソニーの“高音質”SDXCカードの効果をガチで検証

ソニーは、ハイレゾウォークマンに最適と謳う“高音質”マイクロSDXCメモリーカード『SR-64HXA』を発売しました。実売価格は、64GBのマイクロSDXCカードとしては相場より1万円近くお高い、1万9980円前後。

私物のハイレゾプレーヤー、iBASSOの『HDP-R10』(生産完了品)と、AKGのスタジオ リファレンスヘッドホン『K712 PRO』(実売4万9000円前後)をリファレンスに用意して聴き比べしました。

■聴いた瞬間に音質差がわかる違いが
 はたして本当に音質差はあるのか……ソニーの高音質マイクロSDXC『SR-64HXA』とソニーの通常品マイクロSDXC、さらにサンディスク製を差し替えて聴き比べてみると……
ほとんど聴いた瞬間に音質差がわかるというレベルで違いが現われました。ソニーの高音質マイクロSDXCカード『SR-64HXA』は、圧倒的に高音質です!! 

 例えば、μ's(ラブライブ!)の『Snow halation』では冒頭のピアノの音を聴いた瞬間に音の鮮度が激変。ボーカルの重なりもより彫りが深くなったように分離感が増します。

 おもしろいのは、曲を通しての強弱でいう“弱”の部分の差がわかりやすく、信号ノイズが音質に影響している部分なのでしょう。ほかにも宇多田ヒカルの『Automatic』を聴いても音のヌケが良く空間の見通しが良いし、カラヤン指揮の『カラヤン~ザ・ベスト・オブ・マエストロ~アビイ・ロード・スタジオ新リマスターによる』より、ヴィヴァルディの『四季』を聴いても、ダンス系の『DaftPunk』のアルバム『Random Access Memories』を聴いても傾向は同じ。『SR-64HXA』は、どの楽曲でも音が透き通るようにクリアーです。

 ちなみに、興味本位で聴き比べしてみたソニーの通常品とサンディスクのUHS-1メディアでも差はあり、今回聴き比べた3機種ではサンディスクの音質がダントツで悪かったです。低音のみなら量的には『SR-64HXA』よりも出るのですが、中高域が堅く雑然としていて、ソニーの通常品と比較しても音質は一段落ちます。
http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/313/313298/

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/03/09(月) 21:56:25.02 ID:KFlJ68VKM.net
★5しかなくて草

no title



続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
02
左から、デバイスソリューション事業本部 ストレージメディア事業部の後藤庸造氏、同事業部の佐鳥謙一氏、ビデオ&サウンド事業本部 V&S事業部 佐藤浩朗氏、デバイスソリューション事業本部 ストレージメディア事業部 麻生伸吾氏

佐鳥:佐藤さんからのオーダーがあったので、内部で使っているパーツの違うもの、ファームウェアの異なるもの、などいるいろと分類した上で、提供しました。中には、中身は同じだけど、色の違うものなどもお渡ししました。細かく分けていったので30種類以上はあったでしょうか……。

――実際、違いはあったのですか?

佐藤:はい、かなり音に違いが出ました。
もちろん私一人が聴いたのではなく、部署のメンバー、大勢で聴いてチェックしたのですが、同様でした。 驚いたのは、カードの色によっても違いがあったことですね。

――さすがに、中身が同じで、microSDの色で違いが出るとなると、ちょっと信じ難いですね……。

佐藤:もちろん、これも測定結果には出ないので、電気屋としては非常に悔しいところではあるのですが、周りのメンバーも同様の感想をいうので、間違いないのだと思います。ただ調べてみると、色によって塗料に金属粉が異なる配分で混ぜられているので、こうしたものが何らかの影響を及ぼしているのではないか……と考えました。

「バッファを溜めるとmicroSDの影響はないのでは? 」への回答

――最後にもう一つウォークマンの設計についておうかがいしたいのですが、おそらくオーディオのデータはメモリーメディアから先読みしてバッファに溜めてから再生していますよね? このバッファサイズが大きければ、microSDカードの動作も影響なくなるように思いますが、その辺はどうでしょうか?

佐藤:確かにバッファは置いていますが、コンシューマ機器ですので、それほど大きなサイズではありません。音が途切れたりすることのないよう、ある程度余裕は持たせていますが、それでも1曲丸ごと読み込んでしまうような容量はありません。また、読み終わったらすぐに電源が切れるわけでもないので、どうしてもここからの電磁波の影響は出てしまうのだと思います。

※本文より抜粋しました。
http://av.watch.impress.co.jp/docs/series/dal/20150309_691795.html

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
36c92413

@Tsukumo_eX: Tsukumo_eX. 2015-03-05 12:06

店長「このSDカードはノイズを徹底的に抑えてあるんだ」
ぼく「ノイズを抑える」
店長「すると音質が良くなるんだよ!」
ぼく「音質がよくなる」
店長「お値段たったの税別18,500円(10%ポイント!)
ぼく「税別18,500円」

@freedonian: TZK 2015-03-05 12:13

@Tsukumo_eX
この種の製品を肯定する立場からの意見ですが、御社は元々歴史ある電子部品専門店でしたよね。茶化すのは良くないのでは。。。

@Tsukumo_eX: Tsukumo_eX. 2015-03-05 12:10

あ、すいません真面目にやります。『電気的なノイズを低減することで高品位再生を実現した』というMicroSDカードが入荷!SONY 高音質MicroSDカード 64GB(SR-64HXA)税別18,500円(10%ポイント)

@Transcend_Japan: トランセンドジャパン公式 2015-03-06 9:46

@Tsukumo_eX
聴き比べセットとしてトランセンドのmicroSDカードを抱き合わせ販売するのはどうですか?(ゲス顔)
https://twitter.com/Transcend_Japan

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
top

SanDisk、200GバイトのmicroSDXCを発表 約400ドルで第2四半期に発売へ

SanDiskが、Android端末などで使える容量200GバイトのmicroSDXC「SanDisk Ultra microSDXC UHS-I Card」を発表した第2四半期に399.99ドルで発売する。
http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1503/03/news063.html

米SanDiskは3月1日(現地時間)、容量200GバイトのmicroSDXC「SanDisk Ultra microSDXC UHS-I Card」を発表した。
第2四半期(4~6月)に発売する。希望小売価格は399.99ドル(約4万8000円)。

 同社が128GバイトのmicroSDXCカードを発表してから約1年。世界最大容量を更新した。

 UHSスピードCLASS10に準拠しており、フルHD(1920×1080)動画の保存・再生にも適するとしている。 フルHD動画なら20時間分を保存できる。転送速度は最大90MB/秒で、1分間に1200枚の写真を転送できる。

 韓国Samsung Electronicsが発表した新フラッグシップ端末には残念ながらSDカードスロットがないが、台湾HTCの「One M9」などのスロット付き端末で使えるようになる。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ジャンピングDDT(神奈川県)@\(^o^)/ 2015/02/27(金) 18:34:17.10 ID:ZlH6fsga0.net
Ph2

本製品の商品企画を担当したソニー(株)デバイスソリューション事業本部 ストレージメディア事業部 メモリーメディア商品部 企画開発課の後藤庸造氏

■ソニーの二つの事業部がタッグを組んだ

ソニーは初代ウォークマンからCD/MD、ハイレゾまで、ポータブルオーディオ市場の先頭に約40年以上に渡って立っているブランドだ。 昨今ハイレゾの認知が拡大し、ソニーも“ウォークマン”をはじめ、ハイレゾ対応ポータブルオーディオ機器が充実してきた。 スマホやタブレットもハイレゾ再生に対応し「いい音」を訴求する製品が増える中、ソニーは「ハイレゾ」のトータルソリューションを提供していくことをミッションに掲げている。今回、そのトータル展開の中で欠けていたワンピースであるSDメモリーカードについても、高音質モデルをつくってしまった。

部品を選定しながら、音質を追い込んでいく過程は、ソニーのサウンド事業部のエンジニアたちとの共同作業だったと後藤氏は振り返る。 「音質のチューニングは、部材を変更しながら耳で音を確かめていくカットアンドエラーの繰り返しでした。 理論と結果が100%結びつく作業ではなかったので、頼りになるのは周波数解析のデータではなく、むしろサウンド事業部のエンジニアたちの“耳”を信頼して、最終的な音質を決定しました」。
http://www.phileweb.com/review/article/201502/19/1537_2.html

続きを読む

このページのトップヘ