理想ちゃんねる

当ブログは2ちゃんねるから「ライフハック術」「雑学」「ITニュース」「ガジェットネタ」などをまとめています。

スポンサードリンク

IGZO

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
no title
 シャープは、85型の8K液晶ディスプレイ「LV-85001」を10月30日より発売する。価格はオープンプライスで、実売価格は1,600万円程度。受注生産で、納期は受注後約3カ月。NHKを中心に、8K放送に向けた準備関連設備としての納入を予定しているほか、CAD向けの高精細モニターやサイネージなどでの展開を見込んでいる。

 液晶パネルは85型/7,680×4,320ドットのVAモードで、高開口率/低消費電力の「IGZO」を大型のテレビ向けとしては初採用。画素は4原色のクアトロンではなく3原色(RGB)で、パネルは亀山第二工場で作られる。精細度は104ppi。階調性能は最大12bitで、輝度は1,000cd/m2、コントラスト比は10万:1、視野角は左右176度。バックライトは直下型で、エリア駆動(ローカルディミング)に対応する。LED数やエリア分割数は非公開だが、「3桁台のエリア分割を行なっている」とのこと。

 高開口率のIGZOの採用により、8Kの高画素ながら、ピーク輝度1,000nitの高輝度なHDR表示を実現。ローカルディミングを組み合わせた8K HDR「メガコントラスト」をアピールしている。広色域LEDの採用により、色域もBT.2020カバー率78%を実現。8K/HDR時代の映像をリアリティ豊かに再現できるとする。
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20150916_721368.html
続きを読む
スポンサードリンク

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
igzo4k01
 シャープは、スマートフォン向けに5.5インチで4K解像度のIGZO液晶パネルを開発したと発表した。2016年をめどに量産化されるとみられる。

 発表されたディスプレイは、5.5インチで、3840×2160ドット(UHD)、密度は806ppiに達するIGZO液晶ディスプレイ。表示エリアは121×68mm。同社では、「将来商品化が予想される4Kスマートフォンの開発に貢献する」としている。

 高開口率化技術の開発により、画素サイズは、一般的な4.7インチ、1280×720ドットの27μm×3の画素サイズと比較して、今回の4K IGZOパネルは10.5μm×3と、約1/4のサイズになっている。シャープはIGZOのTFT構造の技術革新により高精細化を実現できたとする。

 シャープでは、今後、4Kテレビや4K液晶搭載のパソコン、タブレットの普及が見込まれるとし、スマートフォンも4K液晶に対応することで、相互連携や4Kプラットフォームの普及が加速するとしている。

 シャープは中国で開催された展示会「CITE 2015」に出展、その中で今回の4K液晶パネルを初公開した。
http://k-tai.impress.co.jp/docs/news/20150413_697453.html
続きを読む

  • カテゴリ:
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
50a43cfda9e9d235434879
 経営再建中のシャープの液晶部門を統括する方志教和専務は10日、中国・深●(=土へんに川)市内で記者団の取材に応じ、高精細で低消費電力の「IGZO」パネルで、タブレット端末やノートパソコンなど中型パネルを中国市場で強化する方針を示した。

 シャープは液晶事業の売上高に占める事業者向けの製品や比率を、平成33年度までに4割まで高める計画。事業者向けはスマホよりも、ノートパソコンやタブレット端末などの中型が中心となる。

 シャープ製のIGZOの技術は、パソコンの表示部外側の額縁をミリ単位に縮めることができるのが特徴。 方志専務は「(注文の)引き合いが急に増えている。今年あたりから高精細化が進むだろう」と解説する。

 ただ、事業者向けのビジネスでは供給の安定化が大きな課題だ。  シャープはすでに中国・CECにIGZOについて技術供与。量産ができる体制づくりの準備を進めている。

 方志専務は「(ほかの)パートナーを考えなくてはならない」と述べ、CEC以外の企業への同様の技術供与について「視野に入れている」と述べた。
http://www.sankei.com/west/news/150411/wst1504110019-n1.html
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
001
シャープは、同社が持つ技術「IGZO」の登録商標が無効審決され、知的財産高等裁判所(知財高裁)への審決取消訴訟で申し立てが棄却された件で、最高裁判所への上告をしないことを11日に発表した。これにより、アルファベット表記の「IGZO」は、シャープの登録商標ではなくなる。

シャープは'11年6月24日に、特許庁へ「IGZO」を商標登録出願。同11月18日に商標として登録されたが、'13年7月31日に、科学技術振興機構から無効審判請求があり、シャープは'14年3月13日に特許庁から「IGZOの登録商標は無効」との審決の謄本を受けた。これに対し、シャープは同4月10日に、知的財産高等裁判所において、科学技術振興機構を被告とした審決取消訴訟を提起していたが、既報の通り25日に知財高裁から棄却。シャープは「最高裁への上告等を含め対処する」としていた。

しかし、同社は「知的財産高等裁判所の判断と当社主張との隔たりは大きいものの、上告しても当社の主張が認められることが難しい、と判断した」との理由で、判決を受け入れ上告しないことを決定したという。

知財高裁の判決が確定したことで、スマートフォン/携帯電話/パソコン/液晶テレビなどの「IGZO」はシャープの登録商標ではなくなる。ただし、携帯用電子ゲーム機については、今回の訴訟の対象外。また、訴訟の対象はアルファベット4文字の「IGZO」であり、カタカナの「イグゾー」や「イグゾーパネル」、ロゴと組み合わせたIGZOについては、今回の結果に関係なく、引き続きシャープが保有する登録商標となっている。

http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20150311_692332.html
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 野良ハムスター ★ 2015/02/25(水) 13:36:30.14 ID:???*.net
no title

シャープの液晶パネルに使われる「IGZO(イグゾー)」を巡り、同社が商標登録を無効とした特許庁の判断の取り消しを求めた訴訟で、知財高裁(設楽隆一裁判長)は25日、シャープの請求を棄却した。確定すればシャープはアルファベットによる「IGZO」の名称を独占的に使えなくなる。

IGZOはインジウム、ガリウム、亜鉛、酸素からなる半導体の略称。
シャープは2011年にIGZOを商標登録し、特許権を持つ科学技術振興機構(JST)と12年にライセンス契約を締結。世界で初めて量産化に成功した。

しかし、商標法はそもそも原材料名を商標登録できないと定めていることから、JSTが「研究者らが略称を自由に使えない」などと請求。特許庁は14年3月、商標は無効と判断した。

シャープは他にもロゴなどの関連商標を登録しているが、今回争いになったのはアルファベットによる「IGZO」のみ。IGZOはスマートフォンなどの液晶パネルの材料として使われ、画質が良く、消費電力も大幅に抑えられる。【山本将克】

http://mainichi.jp/select/news/20150225k0000e040190000c.html

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 夜更かしフクロウ ★ 2014/11/23(日) 11:07:43.21 ID:???.net
 シャープの業績回復の期待を中小型液晶が一身に背負っている。
大型液晶が利益をほとんど生まない中、2014年4―9月期連結決算は営業利益の7割超にあたる208億円を中小型液晶が稼ぎ出した。 発表する新製品も中小型に分類される液晶製品が目立つなど、依存度はさらに高まる方向だ。(大阪・錦織承平)

 中小型液晶の中でも期待が高いのが低消費電力性能を強みとする「IGZO液晶」。
スマートフォン向けの主流であるアモルファス―シリコン液晶(a―Si)などと比べ、消費電力は5―10分の1だ。

 IGZOはこのほど、高精細化に優れる低温ポリシリコン液晶(LTPS)の自社最高値を上回る、画素密度が736の試作品を開発。 高精細化でも優れた性能を示した。
16年にもフルハイビジョンの4倍の解像度を持つ4K映像を表示可能な4Kスマホ用に量産したい考えだ。

 亀山第2工場(三重県亀山市)は、IGZOなど中小型の生産にシフトした結果、現在はフル稼働に近い状態まで回復した。 中小型比率は現在約5割で、需要に応じ8―9割まで高める考えだ。

シャープは財務状況の厳しさから14年度中小型液晶の設備投資計画を350億円程度に絞った。 ただ、IGZOは既存設備の改造で対応でき「新工場建設に必要な1000億円規模に比べ、10分の1程度の投資で生産能力を増やせる」(方志教和専務)。投資負担の軽さもIGZOに期待がかかる理由の一つだ。
http://www.nikkan.co.jp/news/nkx0320141121bjae.html

写真:亀山第2工場で生産している小型液晶基板
no title

続きを読む

このページのトップヘ