理想ちゃんねる

当ブログは2ちゃんねるから「ライフハック術」「雑学」「ITニュース」「ガジェットネタ」などをまとめています。

スポンサードリンク

AppleWatch

    このエントリーをはてなブックマークに追加
Apple-Watch-2-main
Appleのスマートウォッチ「Apple Watch」の後継機「Apple Watch 2」に関する情報を 9 to 5 macが伝えています。

続きを読む
スポンサードリンク

    このエントリーをはてなブックマークに追加
vlcsnap-2015-06-09-03h27m55s7
Appleは6月8日(現地時間)に開催した「WWDC 2015」の基調講演で、AppleWatch向けの新OS「Watch OS 2」を発表しました。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1410301677954_gq-apple-iwatch-01
話題の「Apple Watch」をスペックや性能面からだけではなく、別な視点から捉えてみよう。
実際に自分で使ってみて感じたのは、「これぞ、オヤジ向きにベストな時計」ということだ。

 そもそも腕時計は、男の装飾品としてかなり目立つものの一つだ。その人の所得に見合わない分不相応な時計をしていると、1秒でセンスのなさが伝わってくる。逆に、それなりの役職や年齢の人が安っぽい時計だと、仕事ができなく見えたりする 。

続きはソース先で
http://www.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/288788/052200009/
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
no title
 Apple Watchを使い始めて2週間近くが経ちました。ワークアウトアプリのおかげで運動の頻度が増えたし、iPhoneをすぐ見つけられるようになったし、担当編集とも仲良くなれました。
ただ、あるシーンでだけ、どう使っていいか分からないときがあります。

 それは運転中です。

 携帯電話は運転中の使用が法律で禁じられているため、iPhoneのときは通知が来ても無視していました。 しかしApple Watchはハンドルを握る手首に着けており、画面が視線の範囲内にあります。したがって通知を確認しようと思えば、ハンドルを握ったまま手首をひねるだけで、iPhoneよりも簡単に通知を確認できるわけです。

日本では現在、運転中のスマートウォッチ使用を直接禁ずる法律はなく、「画像表示用装置」を“注視”することが規制されている程度です。

「自動車又は原動機付自転車(以下この号において「自動車等」という。)を運転する場合においては、(中略)当該自動車等に取り付けられ若しくは持ち込まれた画像表示用装置(中略)に表示された画像を注視しないこと。」(道路交通法第四章第一節第七十一条五の五)

2014年秋にはすでに英運輸省がドライバーに対し、携帯電話使用時と同じく、運転中にスマートウォッチを使用して事故を起こしてしまった場合、厳罰を下すと注意しているようです。運転中のスマートウォッチ利用をどう証拠づけるのかは難しいところですが……。
http://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1505/08/news152.html
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
reserve-strap
9to5Macが 「Apple Watch」は隠されている6ピンポートを使って高速充電が可能だと報じました。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
apple-watch-tattoo
Apple Watchを入れ墨をした腕に装着するとセンサーがうまく働かず、手首検出もできない──。そのようなクレームが、redditに寄せられ、Twitterでも話題になっていたことを受け、米Appleが4月30日付でヘルプページを更新した。

 「入れ墨のような、半永久的あるいは一時的な皮膚の変化も心拍センサーの性能に影響を及ぼす可能性があります。 入れ墨によっては、そのインク、図柄、彩度がセンサーの光を遮断し、信頼性の高いデータ読み取りが難しくなります」という文言が追加された(本稿執筆現在、日本語版のヘルプはまだ更新されていない)。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1505/02/news011.html
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
no title
様々なガジェットを電子レンジに入れて燃やしてきた人が、今度は『Apple Watch』をターゲットにした。4月24日に発売されたが、この人物は発売日に入手できず、「もう少し待って欲しい」と予告動画を公開。

その予告動画通り30日に電子レンジに『Apple Watch』を入れた動画を投稿。 新品の『Apple Watch』を電源を入れた状態で電子レンジオン。すると早速電源はシャットダウンされ、数秒後には本体ディスプレイが溶けだし、更に数秒後には煙が出てきたのである。

1分くらい経ってから本体は炎に包まれ最終的には真っ黒になってしまった。恒例の消化活動も見れるぞ。
http://gogotsu.com/archives/7196
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
applewatch_002
これは安いのか、高いのか…。

Apple Watchは最高にクールだし何が起こるかわからないワクワク感があるんですが、唯一気になるのがその価格。 Sportの38mmモデルでも最低4万2800円からのプライスタグには少しだけ購入を躊躇してしまいます。ところが、その原価は83.7ドル(約1万円)程度であると調査会社のIHSが発表しているんです。

部品ごとのコストを見ていくと、一番高いのがディスプレイ部品で20.5ドル、次がS1プロセッサで10.2ドル…と、ディスプレイが一番高いというスマートフォンにも似た原価の構成になっています。

それにしても、販売価格の約24%という原価にはちょっと驚いてしまいますね。
アップル製品の原価は基本的に29%から38%の枠に収まっていたので、Apple Watch Sportはかなり原価が低い製品であると言えそうです。

ただし、必ずしもApple Watch Sportがアップルにとって儲かる製品であるとは限りません。新製品の開発には莫大なコストがかかりますし、スマートウォッチという未知の分野のプロダクトならなおさら。さらにApple Watchを周知させる広告費や新たな流通網の整備などのコストを考えれば、24%という原価はさもありなん、といったところでしょうか。

ところで、今回の調査にはサファイアガラスを搭載したApple Watchや18KゴールドのApple Watch Editionのデータは含まれていません。最低価格でも100万円を超えるEditionモデルの原価、結構気になりますね。
http://www.gizmodo.jp/2015/05/_apple_watch_sport1.html
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
SnapCrab_NoName_2015-5-2_9-51-13_No-00
FullMagが、AppleWatchを50口径の対物ライフル(バレットM82)で撃ち抜く実験映像をYoutubeに公開しました。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
wor1504300036-p1
「アップルより前から着手」「本家を凌駕」と豪語 中国パクリウオッチの“すごい”性能とは

(前略)アップルは昨年9月に初めてアップルウオッチをお披露目したが、その約4カ月後の今年1月には早くもデザインがそっくりなコピーが登場した。

 米ニュースサイト、インターナショナル・ビジネス・タイムズ(IBT)によると、「スマートウオッチ」と名付けられたコピーは、米ラスベガスで開催された世界最大の家電見本市「コンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)」の会場で売られていた。iPhoneと連動し通話の着信を時計のモニターでの表示と振動で知らせる機能を備えていたという。

 本家の発売が近づいた4月になると、深セン市の販売店には「アイウオッチ」や「Dウオッチ」
と名付けられたコピーが次々に登場。

 いずれも米グーグルの基本ソフト(OS)「アンドロイド」を搭載したスマホと連動して使用するが、時計のモニターはタッチパネル操作ができない粗悪品だった。

 しかし、本家発売日の数日前には、関係者を驚かせる高性能コピーがお目見えした。AFP通信や米通信社ブルームバーグが伝えたところによると、コピーを生産しているのは、「深センYQTエレクトロニクス」。創業者のジョン・イー氏(38)は、AFPに「わが社の製品はアップルウオッチのすべての機能を備えている。いやそれを凌駕するものだ」と語った。

 iPhoneに通信機能を依存している本家とは違い、コピーはSIMカードを装填することで通信機能を備え、単体で通話やメール、ネット閲覧などいろいろな使い方ができるのが特徴だ。本家にはないカメラも搭載している。しかも、本家の価格は最も安い機種で2588元(約4万7500円)だが、コピーは約8分の1の299元で売られている。
 
 イー氏は「わが社はアップルよりはるか昔の8年前に腕時計型端末の開発に着手した」と強調。「より迅速かつ安価に商品を供給できる」と豪語した。月約5万個以上を販売する計画だという。
http://www.sankei.com/world/news/150430/wor1504300036-n1.html
続きを読む

このページのトップヘ