理想ちゃんねる

当ブログは2ちゃんねるから「ライフハック術」「雑学」「ITニュース」「ガジェットネタ」などをまとめています。

スポンサードリンク

AndroidTV

  • カテゴリ:
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
SnapCrab_NoName_2019-7-7_11-31-8_No-00
1: 名無し 2019/07/06(土) 15:19:25.247 ID:ORUfAVZP0
ハイセンスって安いのでもいいのか?



2: 名無し 2019/07/06(土) 15:20:09.988 ID:JeGvIGn30
ただでかいテレビが欲しいならいいんじゃね
続きを読む
スポンサードリンク

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
Android-TV-Pendant-2018-header
414: 名無し 2018/04/11(水) 07:07:30.93 ID:EaySA0tm
GoogleがFireTVつぶしに来たぞ

New Google branded pendant streaming device running Android TV appears in FCC filing
http://www.aftvnews.com/new-google-branded-pendant-streaming-device-running-android-tv-appears-in-fcc-filing/
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
KJ-X9000C_room_image_c
ソニーが、4K液晶テレビ「ブラビア」から、薄さを追求した「X9000C」シリーズを10月24日に発売する。パネル部分の最も薄い部分が約5mmの「世界最薄」といい、壁にかけて使うと、壁から映像が浮かび上がっているようにみえるという。税抜きの市場推定価格は、65型が55万円前後、55型が35万円前後。
http://www.asahi.com/articles/ASH9C5TSBH9CULFA039.html

Sony X9000Cシリーズ
http://www.sony.jp/bravia/products/KJ-X9000C/
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
sonyandroidtvces-1l
 電機各社がスマートフォン向けの基本ソフト(OS)を搭載した「スマートテレビ」を相次いで投入する。 スマホのようにインターネットやゲームができるほか、アプリを追加し、「自分好み」のテレビにできることが特徴だ。各社は、新たなテレビの楽しみ方を消費者に示すことで、苦戦の続くテレビ事業の立て直しを図る考えだ。

 パナソニックは5月下旬、米ソフト開発「モジラ」のOS「ファイアーフォックス」を搭載した新型の高精細(4K)テレビの国内販売を始めた。ソニーは6月下旬に国内で、米グーグルの「アンドロイド」をベースにした新商品を発売する。シャープも北米に絞って投入する方針だ。

 スマートテレビは、テレビ放送やネット動画の視聴など、従来のテレビでできることに加え、スマホのようにゲームや健康管理といったアプリを追加して楽しめるのが特徴だ。例えば料理アプリを使えば、リビングのテレビにレシピを映し出しながら料理できる。
http://www.yomiuri.co.jp/it/20150602-OYT1T50057.html
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
_SL1500_
 NVIDIA製のTegra X1プロセッサを採用したAndroid TV搭載ゲーム機「SHIELD」が米国で発売となった。価格はNANDフラッシュストレージ16GB版が199.99ドル、500GB HDD搭載の「SHIELD PRO」が299.99ドル。後者は6月3日出荷となっている。

 NVIDIAが新開発した高性能プロセッサTegra X1を搭載した唯一の製品。
MaxwellアーキテクチャのGPU(CUDAコア256基)を内包しており、Xbox 360の2倍の演算性能を謳う。H.264/H.265/VP9のハードウェアエンコーダ/デコーダを内蔵しており、4K動画を60fpsでデコード可能。

 OSにAndroid TVを採用し、Playストアの映画コンテンツを大画面のTVで楽しめるほか、撮った写真を家族で共有できる。標準で「YouTube」、「Google Play Movies & TV」、「Google Play Music」などをプリインストールする。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150529-00000052-impress-sci
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
ts_braviakj02
ソニーが液晶テレビ BRAVIA の新モデル12機種を発表しました。
内訳は4Kが75インチから43インチまで、プレミアム3機種と普及4機種の計7機種、2Kが50インチから32インチまでの5機種。

特徴は4K全機種および、2K上位も含む9機種で Android TV (Android 5.0) を採用したこと。
また4Kモデルはすべて4Kチューナーを内蔵し、外付けの機器を接続することなくスカパー!4K などの4K放送コンテンツを楽しめます。

ラインナップ
最上位が75インチ4KのX9400C (75インチのみ。市場想定価格 100万円。すべて税別)
その下プレミアムモデルX9300C (65インチ 想定60万円、55インチ 想定42万円)
下って4K普及モデルのX8500Cは、65インチ想定50万円から55インチ、49インチを挟んで43インチ想定21万円までの4サイズ。

今年の新ラインナップを特徴付けるAndroid TV は4K全モデルに加えて、2Kつまり「フルHD」モデルの2機種 W870C (50インチ 想定20万円、43インチ 想定15万円) が対応します。
ソニーは今年1月のラスベガスCES でブラビアへのAndroid TV採用を発表し、実機でのデモも公開していました。国内向けのBRAVIAテレビも、今年からはもっとも安価なモデルを除いて標準でAndroid TVプラットフォームになります

ソース先にラインナップ別に詳しく書いてあります
http://japanese.engadget.com/2015/05/12/android-tv-bravia-4k/
続きを読む

このページのトップヘ