理想ちゃんねる

当ブログは2ちゃんねるから「ライフハック術」「雑学」「ITニュース」「ガジェットネタ」などをまとめています。

スポンサードリンク

腕時計型

    このエントリーをはてなブックマークに追加
SnapCrab_NoName_2016-6-30_13-42-8_No-00
Sonyは6月30日、同社の新規事業創出プログラムから誕生したスマートウォッチ「wena wrist」の一般販売を開始しました。
続きを読む
スポンサードリンク

    このエントリーをはてなブックマークに追加
SnapCrab_NoName_2015-5-11_23-53-29_No-00
主に屋外で働くことが多い職場での熱中症対策に向けて電機大手の「富士通」は、気温や湿度を個別に測って熱中症になりやすい環境を知ることができるという腕時計型の端末を開発しました。

富士通が11日に披露した腕時計型の端末は、建設業や農業など主に屋外で働くことが多い職場向けに開発され、複数の端末のデータをまとめて管理して熱中症を防ごうという仕組みです。
端末には周囲の気温や湿度を測るセンサーがあり、データが一定の水準を超えて熱中症の危険性が高まる事務所やオフィスの画面上で注意を喚起するということです。

また人の動きを検知するセンサーもあって、仮に倒れてしまったことが懸念される場合でも、その状況をいち早く知らせることができるとしています。

富士通は、ことしの夏からグループ会社で実証実験したうえでこの年末の発売を目指していて、職場のほか学校などにも売り込みたいとしています。
開発した富士通ユビキタスビジネス戦略本部の笠間晃一朗さんは「この端末を使えば別々のところにいる従業員の働く環境や健康状態を把握できる。最新の情報通信技術で熱中症対策に役立てたい」と話していました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150511/k10010075561000.html
続きを読む

このページのトップヘ