理想ちゃんねる

当ブログは2ちゃんねるから「ライフハック術」「雑学」「ITニュース」「ガジェットネタ」などをまとめています。

スポンサードリンク

研究

    このエントリーをはてなブックマークに追加
SnapCrab_NoName_2016-1-3_23-33-1_No-00
大手電機メーカー各社は、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて外国人旅行者の増加が見込まれることから、ことばの通訳や翻訳を自動的に行う技術の実用化に向けて研究開発を強化しています。

このうちパナソニックは、日本語の音声を英語や中国語など3か国の外国語に自動的に通訳する端末の実用化に向けて、研究を本格化させています。具体的には、レストランや観光案内所などでの活用が見込まれる「卓上型」、持ち運びができる「ペンダント型」、それに、混雑した場所での誘導に使う「メガホン型」の3種類の試作機を開発しています。開発責任者の石黒敬三さんは「急病のときに備えて、医療用語などにも対応できるようにしたい」と話しています。

また東芝は、画像認識の技術を応用して、タブレット端末などを看板や商品のタグなどにかざすと、0.5秒で英語などに翻訳して画面に表示する技術の開発を進めています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160102/k10010358981000.htm
続きを読む
スポンサードリンク

    このエントリーをはてなブックマークに追加
no title
世界で初めてドローンの有人飛行を成功させたのは、シンガポール国立大学の研究チームだ。Snowstorm:スノー・ストーム」と名付けられた巨大ドローンは、24個のプロペラの力で宙を舞い、衝撃を吸収するボールを装着した6本の脚で、地面に着地するようデザインされている。

地面から垂直に飛び上がり、垂直に着地するのは通常のドローンと変わらず、搭乗できるのは人間一人だけである。

有人ドローンの様子を写した動画では、まず、ダミーを乗せてテスト飛行を敢行。リモートコントロールで操作されたドローンは、プロペラが物凄い音を立てながら少しずつ宙へ浮き、その姿はまるで空飛ぶ車だ! 不安定ながらも前後へと移動したドローンは、見事に着地を成功させた。

試作段階のスノー・ストームは、今のところは屋内で飛ぶようにしかデザインされておらず、飛行時間はわずか5分と短い。
http://woman.excite.co.jp/News/column/Rocketnews24_676347.html
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
no title
米マサチューセッツ工科大学(MIT)のコンピュータ科学人工知能研究所所属の研究チームは6月12日(現地時間)、全長約1cmの超小型"折り紙"ロボットを発表した。

重量は0.33ほどで、斜面、水上、起伏のある面の走破が可能。自重の2倍の重量の運搬能力があるという。

本体は3層のシートと永久磁石(積層ネオジム磁石)のみで構成されており、別途設置した電磁石などで生成した磁場によって制御される。

シートはポリ塩化ビニル(PVC)などからなる3層構造で、約65度まで加熱することでPVC層が収縮すると、外側の2層にあらかじめレーザーカットされた折り目に従って折り畳まれる。力学的に計算された折りたたみ後の形状により、モーターなどを搭載せずに"歩く"動作を実現した。

研究チームらは、そのサイズを活かし、薬剤の運搬や手術の補助などを行なうなどの活用方法を考えており、実現に向け体内で溶解する素材や伝導性を持ったモデルなどを試作しているという。
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/yajiuma/20150615_706982.html
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
no title
気分は“コンサート会場”-電通大、音に包まれる感覚のヘッドホンシステム実用化へ

電気通信大学情報理工学研究科総合情報学専攻の梶本裕之准教授と櫻木怜学部課程研究員らは、鎖骨からの骨伝導で振動を響かせ、コンサートを聴く際のように全身が音に包まれる感覚を体験できるデバイスを開発した。ヘッドホンを首にぶら下げる感覚で装着でき、持ち運びや着脱が容易。音響機器メーカーなどに提案し、2年程度での実用化を目指す。

振動スピーカーを両肩の鎖骨の上に載せるだけで全身に振動が響く。ヘッドホンから聞こえる音楽と振動スピーカーのリズムがほぼ一致しているため、利用者は生演奏の音圧を全身で受けているような臨場感を味わえる。

大型の音響設備が不要で、首から提げるだけで屋外でも体験できる。

全身に振動を響かせるシステムでは、これまで臀部(でんぶ)の肉など震えやすい部分に振動を与えていた。新開発のデバイスは鎖骨からの骨伝導を利用して全身に振動を伝える。そのため骨伝導が聴覚で聞こえてしまう200ヘルツ以上の周波数を取り除いている。音楽への効果を確認できたため、今後はゲームでたたかれる感覚などに関しても応用の可能性を検証する。
http://www.nikkan.co.jp/news/nkx0720150406eaac.html
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: Twilight Sparkle ★@\(^o^)/ 2014/12/20(土) 07:14:22.87 ID:???0.net
steve-jobs

 総務省は19日、「和製スティーブ・ジョブズ氏」を育てるため、奇抜なアイデアを持った10人を選んだと発表した。

 研究費として300万円ずつ支給する。20~40歳代で、大学や企業の研究者だけでなく、医師や会社員、学生、主婦、フリーターが含まれる。さらに失敗しても再挑戦を認める異例ずくめの対応となる。

 対象となる研究は、超音波を使って手で触れずに物を動かす装置や、伸び縮みして形を変える建築物など。10人は専門家から助言を受けながら、来年夏頃まで研究する。

 15~73歳の617人、710件の応募から、同省と有識者らが選んだ。米アップル創業者のジョブズ氏(故人)のような独創的なアイデアを持つ人材を育てるため、完成度が高いアイデアはあえて外したという。

 総務省は来年度以降も同様の募集を続けていく方針だが、税金を使うだけに論議を呼ぶ可能性もある。
ttp://www.yomiuri.co.jp/economy/20141219-OYT1T50104.html

続きを読む

このページのトップヘ