理想ちゃんねる

当ブログは2ちゃんねるから「ライフハック術」「雑学」「ITニュース」「ガジェットネタ」などをまとめています。

スポンサードリンク

モニタ

  • カテゴリ:
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 北村ゆきひろ ★ 2014/11/27(木) 22:43:31.63 ID:???.net
no title
デルは、世界初の5K(5,120×2,880ドット)、27型液晶ディスプレイ「UP2715K」と、曲面を採用した34型で3,440×1,440ドットのワイドモニタ「U3415W」を12月12日に発売する。価格はいずれもオープンプライス。
直販価格は、5Kの「UP2715K」が199,980円、曲面の「U3415W」が109,980円。

 どちらのモデルも「HDCP 2.2にも対応している」(河田浩行ブランドマネージャー)という。

 なお、同日には4Kディスプレイの新モデルとして、27型の「P2715Q」と、24型の「P2415Q」も発表している。 こちらについては、別記事で紹介している。

5K、27型液晶ディスプレイ「UP2715K」の解像度は5,120×2,880ドットで、WQHD(2,560×1,440ドット)の4倍、フルHDの7倍にあたる解像度を実現。多数のコンテンツを一度に表示できる。

映像入力はミニDisplayPort×1、DisplayPort×2を装備し、DisplayPort×2を使って5K/60Hzの映像を伝送する。 1本の場合は4Kとなる。5K表示には対応するビデオカードが必要で、デルにおいて現在動作を確認しているのはNVIDIAのQuadro K2000/K2200/K2000D/K4000/K4200/K5000/K5200/K6000で、ドライバはR344.11以上。 「対応するカードは今後順次拡充していきたい」という。

 パネルはIPSで、視野角は上下左右178度、応答速度は8ms(グレー to グレー)。バックライトはLED。輝度は50~300cd/m2。

 表面はガラスだが、反射を大きく低減したコーティング施し、ガラスと液晶パネルの隙間に樹脂素材を充填するオプティカルボンディング技術などを用いる事で、既存の「S2740L」と比べて反射率を86%低減している。

12bitの内部処理で、色域はAdobe RGB 99%、sRGB 100%を実現。工場出荷時にカラー調整も行なわれている。色補正完了証明書も同梱。付属の「Dell Color Calibration Solution」ソフトと、別売の「X-Rite i1Display Proキャリブレータ」を使う事で、モニタの12bit LUT(ルックアップテーブル)にアクセスし、高精度なハードウェアキャリブレーションも可能。

 USB 3.0のハブ機能も搭載し、アップストリーム×2、ダウンストリーム×4を用意。メディアカードリーダも備えている。

 32W出力のスピーカーも内蔵。スタンドはチルト、スイーベル、ピボットが可能で、115mmの高さ調整もサポート。消費電力は通常時で100W、スタンバイ時で0.5W以下。スタンドとケーブルを含めた重量は10.07kg。外形寸法は637.3×204.5×427.6~542.1mm(幅×奥行き×高さ)。
no title

no title
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20141127_677799.html

続きを読む
スポンサードリンク

  • カテゴリ:
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
dell05

dell04

デルは、4Kディスプレイの新モデルとして、24型の「P2415Q」と27型の「P2715Q」を12月12日から発売する。価格はいずれもオープンプライス。直販価格は、24型「P2415Q」が54,980円、27型「P2715Q」が69,980円。27日から先行予約販売を実施する。

 どちらも3,840×2,160ドットの液晶パネルを採用。60Hz表示が可能。IPSパネルのノングレアで、視野角は上下左右178度。「HDCP 2.2にも対応している」

 輝度は24型が50~300cd/m2、27型が50~350cd/m2で調整可能。応答速度は24型が通常モードで8ms、高速モードで6ms、27型は通常が9ms、高速が6ms。

 入力はミニDisplayPort、DisplayPort、HDMI(MHL対応)を各1系統装備。HDMI接続時は4K/30p伝送となり、DisplayPort接続では4K/60pまでの伝送が可能。DisplayPort出力も備え、デイジーチェーン接続も可能。アナログ音声出力も備えている。USBポート×3も用意

●展示会を秋葉原駅で実施
 同時発表された5Kディスプレイ、曲面ディスプレイを含めた、新製品が体験できる一般向けの展示会も開催される。12月14日(12~19時)、12月15日(12時~20時)の2日間で、場所はJR秋葉原駅の電気街口改札内イベントスペース
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20141127_677839.html

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
1: チェーン攻撃(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2014/11/22(土) 20:48:52.36 ID:gZXR0wck0●.net
DCI規格に準拠した“Digital Cinema 4K対応ディスプレイ”が登場、31インチ/4,096×2,160ドットのLG Electronics製「31MU97-B」が発売された。店頭価格は税込128,000円(詳細は「今週見つけた新製品」参照のこと)。

no title

Digital Cinema Initiativesの4K規格と同じ4,096×2,160ドット、プロ用途を意識した設計

31MU97-Bは、31インチのIPS液晶パネルを採用した4K解像度対応ディスプレイ。

PC用の4Kディスプレイは解像度が3,840×2,160ドットのものがほとんどだが、この製品はDCI(Digital Cinema Initiatives)の4K規格と同じ4,096×2,160ドットに対応しており、同規格の映像がいわゆる「黒帯」なしで表示できる。

http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/news/news/20141117_676253.html

続きを読む

  • カテゴリ:
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
2

EIZO株式会社は18日、アスペクト比が1:1で解像度が1,920×1,920ドットという正方形の 26.5型液晶ディスプレイ「FlexScan EV2730Q」を発表した。2015年1月~3月の発売を予定しており、価格は未定。

これまで航空管制向けディスプレイなどでは存在するアスペクト比であったが、一般個人向け展開では初となる。表示面積は475.7×475.7mm(幅×高さ)と、22型ワイドとほぼ同等の幅で省スペースながら、1,920×1,080ドット(フルHD)と比較して縦方向の情報量が78%も増え、頻繁にスクロールを必要とするWebサイトの閲覧に加え、
情報量が多いCADデザイン、コーディング作業に好適としている。

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20141118_676334.html

続きを読む

  • カテゴリ:
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
S277HK_wp_01

495: 不明なデバイスさん 2014/11/17(月) 15:35:15.09 ID:aQYMXYf5.net
HDMI 2.0来たぞ
 台湾Acerは14日(現地時間)、HDMI 2.0入力に対応する27型4K液晶「S277HK」を第4四半期より出荷開始すると発表した。

  4K(3,840×2,160ドット)対応のディスプレイとしてTV製品ではすでにHDMI 2.0対応のものが多くあるが、PC向けではこれが初。HDMI 2.0では最大18Gbpsまで転送速度が向上し、4K解像度でも30pではなく60pで転送できる。価格帯は不明だが、PC向けエントリー4K液晶では TNパネルが多い中、本製品は視野角178度のIPSパネルを採用する。

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20141117_676394.html

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
1

MMD Singaporeは、Philips製40型4K液晶「BDM4065UC/11」を12月初旬より発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は89,800円。

BDM4065UC/11の主な仕様は、解像度が3,840×2,160ドット、表示色数が1,670万色、中間色応答速度は通常8.5ms/SmartResponse時3ms、輝度が300cd/平方m、コントラスト比が5,000:1(最大5千万:1)、視野角が上下/左右とも176度。10万円を切る低価格なPC用4K液晶はTNパネルがほとんどだが、VAパネルを採用し、広視野角を実現している。

インターフェイスは、DisplayPort、Mini DisplayPort、HDMI×2(内1つはMHL対応)、ミニD-Sub15ピンで、7W+7Wのスピーカーおよび4ポートのUSB 3.0 Hub(高速充電対応)も備える。消費電力は通常時62.17W/ECOモード時40.4W/待機時0.5W未満。

本体サイズは904×213×589mm(幅×奥行き×高さ)、重量は9.7kg。
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20141113_675844.html

続きを読む

このページのトップヘ