理想ちゃんねる

当ブログは2ちゃんねるから「ライフハック術」「雑学」「ITニュース」「ガジェットネタ」などをまとめています。

スポンサードリンク

プロジェクター

  • カテゴリ:
    このエントリーをはてなブックマークに追加
HC1080UB_hdtv_football1_room_closedLg1
1: 名無し 2016/12/04(日) 20:50:48.593 ID:haYmzSrY0
これで俺の家も映画館だ!



2: 名無し 2016/12/04(日) 20:51:11.665 ID:/ivL/1GT0
スピーカーは?
続きを読む
スポンサードリンク

    このエントリーをはてなブックマークに追加
no title
折り畳める24インチサイズのディスプレイ「The Spontaneous Pop-up Display(SPUD)」がkickstarterに登場
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
20130102224156
1: 以下、VIPがお送りします 2016/10/16(日) 16:52:24.941 ID:5vFfn/cv0
大画面でスマブラしながら飲むという夢がついに叶った



8: 以下、VIPがお送りします 2016/10/16(日) 16:55:09.102 ID:h02+Xp0e0
やっすい夢だな
続きを読む

  • カテゴリ:
    このエントリーをはてなブックマークに追加
maxresdefault
パナソニックは8日、リオデジャネイロ五輪期間中に240型スクリーンを使用した8K映像によるパブリックビューイングを東京・有明の「パナソニックセンター東京」で行うことを発表した。
http://www.zaikei.co.jp/article/20160709/315989.html
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
zte-spro-plus-gallery-1-1
MWC 2016でZTEがAndroidスマートプロジェクターSproシリーズの新製品「Spro Plus」を発表しました。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しさん@おーぷん 2016/02/04(木)11:19:18 ID:Ldm
うほほwww

no title

続きを読む

  • カテゴリ:
    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しさん@涙目です。(愛知県)@\(^o^)/ 2015/01/19(月) 18:31:20.64 ID:C43IyCKE0●.net
NECディスプレイソリューションズ、80型スクリーン対応の超短焦点プロジェクター

NECディスプレイソリューションズは短い投写距離で高輝度の大画面表示が可能な超短焦点プロジェクター「NPーUM 351WJL/361XJL」の2機種を2月10日に発売する。いずれも80型スクリーンに投写できる。価格はオープンで、市場想定価格は12万5000円程度(消費税抜き)を見込む。

同社のプロジェクター「ビューライトシリーズ」の一つ。NPーUM 351WJLの投写距離は約28センチメートルで、明るさは3500ルーメン。一方、NPーUM 361XJLの投写距離は約24センチメートルで、明るさは業界トップクラスの3600ルーメンを実現した。近年は広い教室や明るい場所での利用が増え、高輝度化が求められていたという。

斜め位置からの投写時に生じる画面の台形歪みを補正する機能を備えた。天井やテーブル、床など多様な投写が可能。オプションの電子黒板キットを用いることで投写画面に書き込める。教育市場や美術館・博物館、企業発表の場などでの利用を見込む。

http://www.nikkan.co.jp/news/nkx0320150119bjai.html
no title

NEC公式HP
http://jpn.nec.com/products/ds/projector/viewlight/um351wjl.html

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ツームストンパイルドライバー(チベット自治区)@\(^o^)/ 2014/11/11(火) 09:59:50.80 ID:1bH8ofHI0.net
ソニーは、約17cmの距離から最大147インチの映像投写が出来る、超短焦点の4K SXRDレーザー光源プロジェクタ「VPL-GTZ1」を11月より発売する。価格はオープンプライスで、想定売価は550万円。業務市場向けに展開する。

ソニー独自の光学系システムにより、約17cmの至近距離から最大147インチの4K映像の投写が行なえるプロジェクタ。従来超短焦点プロジェクタでは難しいとされていたズーム機能も搭載し、約1.6倍の電動ズームに対応。 最小66インチから画面サイズを選択できる。フォーカスやコーナーセレクションも電動で調整可能。投写画面サイズは66~147型。光出力は2,000ルーメン。
 
映像デバイスは独自の4K SXRD(Silicon X-tal Reflective Display)で、解像度は4,096×2,160ドット。光源にレーザーダイオードを採用することで、ランプ交換が不要で、長期間メンテナンスの必要がないという。 輝度半減時間の目安は約2万時間。

また、レーザー光源のため、起動時のウォームアップの時間がかからず、電源オンボタンを押してから約12秒で映像投写できる。
超短焦点投写により、スクリーンのほぼ真下から投写できるため、狭い空間や人がスクリーン前を歩くような環境でも制約が少ないとする。

また、プロジェクタを複数台並べ、映像を繋ぎ合わせて投写するマルチプロジェクションにも対応。大画面を近距離から眺める美術館や博物館での映像展示、電子モックアップなどの工業デザイン、研究所における映像シミュレーションなどでの活用を想定している。
スクリーン際の床置きだけでなく、リア投写や天井吊り下げにも対応。入力端子はHDMI×4。RS-232CやEthernet、IR INなども装備する。消費電力は520W。

外形寸法は1,250×535×265mm(幅×奥行き×高さ/ハンドル部含む)、重量は約55kg(ハンドル部含む)。アクティブ3Dメガネ「TDG-BT500A」を使った3D表示にも対応する。

http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20141110_675240.html
no title

no title

no title

技術力はあるのにsonyの凋落っぷり(´Д`)

続きを読む

このページのトップヘ