理想ちゃんねる

当ブログは2ちゃんねるから「ライフハック術」「雑学」「ITニュース」「ガジェットネタ」などをまとめています。

スポンサードリンク

ドローン

  • カテゴリ:
    このエントリーをはてなブックマークに追加
maxresdefault

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/04/26(日) 23:57:33.189 ID:Oqx9lGB+0.net
ポリ「今話題になってるやつでしょ?不審に思ってる人もいるので云々」

なんなんだよもう



3: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/04/26(日) 23:58:32.620 ID:pdcQb7En0.net
これは完全にテロリストですわ…



5: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/04/26(日) 23:58:40.332 ID:aHhupXtEa.net
公園は公共の場所だから良いだろ

続きを読む
スポンサードリンク

    このエントリーをはてなブックマークに追加
DJIp3hero
ドローン購入、登録制に 官邸周辺の飛行制限 ─ 航空法改正を検討

 政府は23日、小型の無人飛行機(ドローン)を航空法の対象とし、購入時に名前や住所を登録させる検討に入った。首相官邸などの重要施設周辺には飛行制限を設ける。早ければ今国会での法改正をめざす。国土交通省や警察庁など関係省庁の局長級による連絡会議の初会合を24日に開き、首相官邸主導で規制強化に乗り出す。
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS23H5R_T20C15A4MM8000/
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
04
「ドローン」と呼ばれる無人の小型空撮機の世界最大手・DJI社が21日、都内で新製品「PHANTOM3 (ファントム3)」をお披露目した。
最も安いもので13万9800円。すでに世界で4万台、日本で4千台の先行予約が入っており、国内では5月中旬から店頭やネットで一般販売される。

 DJIは三井住友海上火災保険と提携し、ファントム3を買ったユーザーが1年間、対人・対物の保険に無償で入れる制度を付けた。落下事故で人に被害を与えた場合には、最大1億円の保険が支払われる。空撮など業務に使うユーザーに限られるが、世界初の取り組みという。

 DJIは中国企業で、これまで100万台以上のドローンを出荷。世界最大手のメーカーに急成長した。
http://www.asahi.com/articles/ASH4P6FMMH4PUEHF01J.html
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
drone

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/04/22(水) 17:54:47.092 ID:k7OxpZS/a.net
自爆テロし放題じゃん
防ぐ方法あんの?



2: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/04/22(水) 17:55:43.954 ID:d/V/YGCO0.net
別に今だってし放題では



8: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/04/22(水) 17:57:52.615 ID:k7OxpZS/a.net
>>2
自爆テロは誰かテロリスト1人死ぬけど
ドローンは死なずに複数個同時にどこでも爆破できるんだぞ
怖すぎ

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1429678824403
 22日午前10時半ごろ、東京都千代田区永田町の首相官邸の屋上ヘリポートで、小型の無人飛行機「ドローン」があるのを、官邸職員が発見した。警視庁麹町署は、ドローンが墜落した可能性があるとみて捜査を始めた。ドローンには、小型カメラや発煙筒のようなものが積まれていたことから、何者かが意図的に侵入させた疑いもあるとみて調べている。

 警視庁によると、発見されたドローンは1機。直径約50センチで、プロペラが4枚ついたヘリコプター型だった。カメラや発煙筒のほかペットボトルのような容器も積まれており、危険がないか確認を急いでいる。

 これまでに、官邸関係者が侵入や墜落の様子を目撃したとの情報はない。けが人や、建物の破損なども確認されていない。安倍晋三首相は外遊中で官邸にはいなかった。

 ドローンは各分野で活用が進んでいるが、フランスでは昨年以降、大統領府周辺などで不審な飛行が確認され、今年1月には米国のホワイトハウスで墜落し、テロへの悪用など警備面での懸念が強まっていた。
http://www.sankei.com/affairs/news/150422/afr1504220016-n1.html
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
no titlec03
キヤノンは、業務用4Kカメラの新モデルとして、ドローンにも搭載できるコンパクトさと、1kgを切る軽量さを実現、価格も大幅に抑えた「XC10」を6月中旬に発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は22万円前後。

最高で4K(3,840×2,160ドット)、30p、305Mbpsでの記録が可能な小型4Kカメラ。CINEMA EOS SYSTEMでは高価で、カメラも大きいという声に応え、価格を抑え、かつ軽量/コンパクトを実現した。ただし、CINEMA EOS SYSTEMのシリーズではない。

 同日にキヤノンが発表した、4K対応の業務用ビデオカメラ向けの新フォーマット「XF-AVC」に対応。4K/30pの撮影が可能ながら、外形寸法は約125×122×102mm(幅×奥行き×高さ)と小型。
重量も本体のみで約930gと軽量。超ローアングル撮影や、車載、ドローンによる空撮など、多彩な撮影に対応できる。レンズ交換はできない。

センサーは1インチのCMOS単板式で、有効画素数は動画で829万画素、静止画で1,200万画素。従来のHD CMOS PROセンサーと比べ、有効画素全体の面積比は約6.8倍、1画素あたりの面積比は約1.6倍に大型化。低照度でのノイズ低減、SN比の向上、ボケ味を活かした映像表現ができるという。

 採用しているレンズは、35mm換算で動画時27.3~273mm、静止画で24.1~241mmの光学10倍ズーム。 F値は2.8~5.6。8枚羽根虹彩絞りを採用。複数枚のUD/Hi-UDレンズを使い、小型化と色収差補正を両立。 インナーフォーカスタイプを採用し、群内部分群光学防振機構で、手ぶれを抑えながら4K画質を維持している。
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20150408_695827.html
続きを読む

このページのトップヘ