理想ちゃんねる

当ブログは2ちゃんねるから「ライフハック術」「雑学」「ITニュース」「ガジェットネタ」などをまとめています。

スポンサードリンク

ドローン

    このエントリーをはてなブックマークに追加
SnapCrab_NoName_2015-12-27_17-26-13_No-00
地震や大雨の被害で孤立した被災地に、小型無人機「ドローン」で救援物資を輸送する事業を、ソニー系企業が2016年春にも始める。

自治体や医療機関などの要請を受け、道路の寸断や港の損壊で車や船が近づけない場所の被災者へ、高性能のドローンを使って医薬品や通信機器などを届ける。ドローンによる救援物資の輸送の事業化は国内初となる。

ドローンの開発製造を手がける新興企業「エアロセンス」が来年1月から2月まで、経済産業省と共同で千葉県内で試験飛行する。安全面の課題などを検証し、早ければ3月以降の運用開始を目指す。

同社は、ソニーの完全子会社「ソニーモバイルコミュニケーションズ」と、ロボット開発企業「ZMP」が今年8月に共同で設立した。12月施行の改正航空法で、救援活動などの緊急時には事前許可なしにどこでも飛ばせるルールが定められたことで、事業環境が整ったと判断した。
http://www.yomiuri.co.jp/economy/20151226-OYT1T50136.html
続きを読む
スポンサードリンク

    このエントリーをはてなブックマークに追加
9a59df8a
政府は14日、地域限定で規制を緩和する国家戦略特区に千葉市を指定し、小型無人機「ドローン」を活用して医療用医薬品(処方薬)や生活必需品を宅配できるようにする方針を固めた。ネット通販大手の米アマゾン・ドット・コムが参入する見通しで、実現すれば世界初の実用化となる可能性がある。

15日に開く国家戦略特区諮問会議(議長・安倍晋三首相)で千葉市など4自治体の特区指定を新たに決める。
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS14H66_U5A211C1EE8000/
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
no title
世界で初めてドローンの有人飛行を成功させたのは、シンガポール国立大学の研究チームだ。Snowstorm:スノー・ストーム」と名付けられた巨大ドローンは、24個のプロペラの力で宙を舞い、衝撃を吸収するボールを装着した6本の脚で、地面に着地するようデザインされている。

地面から垂直に飛び上がり、垂直に着地するのは通常のドローンと変わらず、搭乗できるのは人間一人だけである。

有人ドローンの様子を写した動画では、まず、ダミーを乗せてテスト飛行を敢行。リモートコントロールで操作されたドローンは、プロペラが物凄い音を立てながら少しずつ宙へ浮き、その姿はまるで空飛ぶ車だ! 不安定ながらも前後へと移動したドローンは、見事に着地を成功させた。

試作段階のスノー・ストームは、今のところは屋内で飛ぶようにしかデザインされておらず、飛行時間はわずか5分と短い。
http://woman.excite.co.jp/News/column/Rocketnews24_676347.html
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
no title
空中だけではなく水中での機動にも優れたドローンをラトガーズ大学が開発しました。アメリカの海軍研究事務所がその有用性に目をつけて、予算を提供しているそうです。

このドローンはもともと機械・航空宇宙工学のザビエル・ディーツ教授が学生や卒業生の手を借りてコンセプトを練っていたもので、海軍研究事務所の職員にデモを見せたところ、新しいモデル開発のための予算をつけてくれたそうです。

ドローンの目的としては、行方不明になった遊泳者や船乗り、難破船の周辺の調査などが想定されていて、タンカーの座礁事故が起きたときに重油流出がどれぐらい広がっているのかを調べるのに役立つと考えられています。

今のところ、水中までは電波がうまく飛ばないため、ドローン本体は有線で接続されていて、無線操作時は電波ではなく音波パルスを用いる方法が考えられています。
http://gigazine.net/news/20151207-waterproof-drone-submarine/
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
no title
2015年11月30日、北京日報によると、小型無人機ドローンの飛行ルールを定めた中国初の規定が来月にも施行される見通しだ。

ドローンは航空写真の撮影や測量、農薬散布など幅広く利用されているが、これまでその飛行について定めた規定がなく、送電線や自動車などに衝突するトラブルがたびたび発生していた。現在、中国国内のドローンのうち高度150メートル以下の飛行が全体の90%、重量別では25キロ以下が同じく90%を占めており、新規定はこれに当てはまるドローンを中心にルールを定めている。

現在、中国市場には5000元(約9万5000円)以内で購入できる製品も出回るなど、ドローンは一般市民にとって身近な存在になりつつある。2020年に世界市場は約900億ドル(約11兆円)規模に成長し、うち460億ドル(約5兆6000億円)以上を中国が占めるとの予測も出ている。
http://sp.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=124187
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
6e9af5e1706d62f1f87515cd93e1d33b_XL
Amazonは29日、完全無人で手荷物の宅配を可能にする実用ドローン「Amazon Prime Air」の映像を初公開した。

今回、公表された宅配用の実用ドローンは、浮力を得るためのローターに加えて、推力を得るためのプロペラも備えた独自の形態をしたものとなっており、Amazonの貨物センターで貨物を搭載すると垂直離陸を行って高度400フィート(約120メートル)の上空まで浮上し、そこからはプロペラの推力を利用して水平飛行に移行することで最大15マイル(約24キロ)離れたところにある目的地まで飛行し、目的地に到着すると、荷物と届ける庭に置かれた着陸用のターゲットに垂直着陸を行うと同時に、顧客に対してメールで宅配の完了を通知することで、貨物の宅配が完了するというものとなる。
http://www.businessnewsline.com/news/201511300259420000.html
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
00-top
全世界の1万2000人以上の出資者から1万5000機を越えるオーダーを集め、「ヨーロッパ最大のKickstarterプロジェクト」とも言われていた手のひらサイズの超小型空撮ドローン「ZANO」のプロジェクトが頓挫してしまったことが判明しました。2015年1月に締め切られていたKickstarterのキャンペーンでは、360万ポンド(約6億5000万円)もの出資が集まっていたプロジェクトでしたが、そのお粗末な顛末も明らかになっています。

2015年11月11日、イギリス・BBCがZANOのプロジェクトを率いてきたTorquingグループのイヴァン・リードマンCEOの辞任を伝え、ZANOのプロジェクトが暗礁に乗り上げたことを報じました。その理由についてBBCは、リードマン氏自らが「個人的な健康問題と解決しがたい不和」であると述べたことを伝えています。
続き:http://gigazine.net/news/20151124-kickstarter-zano-stopped/
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
shutterstock_167890163-690x613
 政府は5日夕、首相官邸で企業に積極的な投資などを促すための官民対話の会合を開いた。
安倍晋三首相は「早ければ3年以内に小型無人機(ドローン)を使った荷物配送を可能にする」と述べ、来夏までに官民の協議会を立ち上げて障害となっている規制を見直す方針を表明した。

 安倍首相は、2020年の東京五輪・パラリンピックの開催までに高速道路での自動運転の実現を目指す考えも示した。さらに、3年以内に人工知能を医療現場で活用可能とする計画について、来春までに新たな指針を出すと説明。それぞれ関係閣僚に具体化に向けた検討を指示した。

 官民対話は、10月16日に続く2回目の開催となる。この日は安倍首相や閣僚のほか、民間からはトヨタ自動車(7203)の豊田章男社長やアマゾン・ドット・コムのポール・マイズナー副社長らが出席した。
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFL05HMF_V01C15A1000000/
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
Google
配送に使う小型無人機「ドローン」を開発している米IT大手グーグルは2日、2017年の商用化を目指していることを明らかにした。ロイター通信などが報じた。

グーグルの担当者によると、米連邦航空局(FAA)とドローン向け管制システムの導入について協議中で、高度500フィート(約152メートル)以下の飛行を想定しているという。グーグルは米国の一部でネット通販を展開している。ドローンを使った商品の宅配のほか、被災地への救援物資の運搬も目指しているもようだ。
http://mainichi.jp/select/news/20151103k0000e020177000c.html
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
SnapCrab_NoName_2015-9-18_0-50-50_No-00
ドローンを使ったフィッシング動画が、YouTubeで人気を博している。フィッシングといってもネット上の詐欺ではなく、れっきとした魚釣りのほう。

これは米国の男性が投稿したもので、糸と釣り針、仕掛けを取り付けたドローンを池の中央まで飛ばし、約8分ほどかけて淡水魚1匹を釣り上げる様子を捉えたもの。ドローンを使って竿では届かない距離に仕掛けを投下するというアイデアはもちろん、上空から浮きの様子をカメラで確認しながら釣り上げるテクニックは斬新で、ドローンからの俯瞰映像も追加した約1分半の編集版は、YouTubeでの公開後およそ2週間で160万再生を突破している。釣りの可能性を大きく広げるこの試み、ドローン一式を揃えさえすれば誰でも真似できるだけに、後追いするユーザーも出てきそうだ。

ちなみに前述の動画のほかに、ドローンが飛び立ってから実際に釣れるまでの様子を定点カメラで押さえた約11分のノーカット動画もアップされており、興味がある人はそちらも要チェックだ。
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/yajiuma/20150917_721541.html
続きを読む

このページのトップヘ