1: 影のたけし軍団ρ ★@\(^o^)/ 2014/11/09(日) 10:26:05.11 ID:???0.net
no title

アニメ「妖怪ウォッチ」で人気のメダル式玩具など子ども向けおもちゃをめぐり、インターネットオークションや個人間の売買でのトラブル相談が全国の消費生活センターに相次いでいることが分かった。クリスマス商戦を前に国民生活センターは「お子さんやお孫さんにせがまれても、不安を感じる取引や極端に高価な商品には手を出さない方が安全」と助言している。

国民生活センターによると本年度に入り七日までに、子ども向け玩具のネットオークション関連の相談が百七十六件、個人間売買の相談が百十九件寄せられ、ともに昨年度の同時期より増加した。メダル式玩具のトラブルも目立っているという。

メダル式玩具に関する相談では「表示のセット内容とメダルの数などが違った」「新品のはずが、メダルが使用済みで遊べなかった」 などのケースがあった。ネットを介しての取引では、代金を支払い後に商品が到着して初めてトラブルに気付くケースが多い。

数百~一万円程度と被害額が比較的少額なため、泣き寝入りする人も多いとみられる。
一方、メダル式玩具の定価百円程度の商品が、入手困難を理由に数十倍の高値で取引される例も散見される。

トラブルになっても出品者が個人など業者でない場合、消費者法による保護が難しく、通信販売のような保証がないことも。
同センターの担当者は「サイト内に掲示されている説明をよく読み、仕組みとリスクを理解した上で利用してほしい」と話している。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2014110902000104.html

続きを読む