理想ちゃんねる

当ブログは2ちゃんねるから「ライフハック術」「雑学」「ITニュース」「ガジェットネタ」などをまとめています。

スポンサードリンク

テレビ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
no title
韓国LGエレクトロニクスは、ドイツ・ベルリンで9月4日から開幕する「IFA 2015」において、HDR対応の4Kモデルなど、新有機ELテレビ4機種を出展する。

 新たに65型と55型のHDR対応4K有機ELテレビ「65/55EF9500」と「55EG9200」の3製品と、曲面ディスプレイの55型「55EG9100」を発表。EF9500シリーズはHDR対応の4K画質を訴求、55EG9200と55EG9100は4.8mmという薄さをアピールしている。新モデルの追加により、同社の有機ELテレビは9製品となる。

 新有機ELテレビは、8月下旬から年末にかけて、ドイツや韓国、米国、英国などで発売。OSはwebOS 2.0で、Harman/Kardon製のスピーカーも内蔵する。
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20150826_718109.html
続きを読む
スポンサードリンク

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
IMG_9168_588x
2020年の東京五輪・パラリンピックまでに実用本放送が始まる4Kテレビ。ハイビジョンの4倍の高密度の映像が売りで、販売が順調だ。だが来年以降に始まる試験放送や実用放送は、現行の4Kテレビそのままでは見られない 可能性が出てきた。

■詳しくはソース先の映像をご覧ください。
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO90165920V00C15A8000000/
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
no title
LGエレクトロニクス・ジャパンは、4Kテレビのエントリーモデル「UF6900」シリーズを8月7日に発売する。49型の「49UF6900」と、43型の「43UF6900」をラインナップ。価格はどちらもオープンプライスで、店頭予想価格は49型が138,880円前後、43型が108,880円前後。

 どちらのモデルも解像度は3,840×2,160ドット。独自開発のIPS 4Kパネルを採用し、178度の広視野角でどの角度からも鮮明な4K映像が楽しめるという。バックライトはエッジ型のLEDを採用している。

 映像エンジン「True 4K Engine」とIPS液晶の組み合わせで、速い動きの映像でもブレを低減。HD映像などを4Kまでの画素にアップスケーリングして表示する機能も備えている。なお、3D表示は対応しない。

 USB HDDを接続する事で、HDDへの録画も可能。チューナは地上/BS/110度CSデジタルを各2系統装備し、裏番組録画にも対応できる。
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20150728_713724.html
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
090428shika_460
<夏の甲子園>朝日放送の中継、今年もPCやスマホへ異例の生配信
この夏もインターネットで高校野球が楽しめる。昨年(2014)年の大会期間中に1000万以上のユニークユーザ(訪問者)を集めるなど大きな話題を集めた特設Webメディア「バーチャル高校野球」がパワーアップして今年も開設された。地上波での中継をインターネットで閲覧できるだけでなく、3つのカメラを切り替えることも可能。ユーザが好きなシーンを切り出してハイライト動画が作れる機能も新たに加わった。
http://dot.asahi.com/tokyo-it/2015071600026.htm
続きを読む

  • カテゴリ:
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/07/26(日) 01:09:35.19 ID:qmR6eeIS0FOX.net
no title

ウィッチャー面白いけど酔うなこれ…

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
11032002068
◇NHK放送文化研究所 15年「日本人とテレビ」調査

 NHK放送文化研究所は7日、テレビの視聴傾向などをアンケートで5年ごとに調べる「日本人とテレビ」の2015年調査結果を発表した。1日のテレビ視聴時間がゼロもしくは2時間未満の人の割合が、1985年の調査開始以来、初めて増加に転じた。年齢別でも、10代(16~19歳)~70代以上のすべての年代でその割合が上昇。テレビ離れをうかがわせる結果となった。

 アンケートは15年2月27日~3月8日、無作為抽出した全国の16歳以上の男女3600人を対象に実施。有効回答率は67.8%だった。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150707-00000049-mai-soci
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
thumb_400_01_px400
液晶テレビの販売が回復基調に乗りはじめた。なかでも、フルハイビジョンの4倍の解像度をもつ高画質の「4Kテレビ」が売れている。

一方、平均価格は最近の1年で約4割下落して、20万円を割っているケースは少なくない。
大手家電量販店では、「だいぶ買いやすく、値ごろ感が出てきています」という調査会社のBCNによると、2015年5月の液晶テレビの販売台数は、高精細な4Kテレビが市場をけん引していることを背景に、前年同月と比べて17.9%増えた。販売金額も22.2%増で、2か月連続のプラスだった。
なかでも4Kテレビは、液晶テレビ全体の販売台数に占める割合が4月に7.5%、5月が11.1%と、初めて1割を超えた。販売金額でも4月が25.9%、5月は32.5%とこちらも初めて3割に乗せて、売り上げに勢いがついてきた。
http://www.j-cast.com/2015/07/04238910.html?p=all
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
sonyandroidtvces-1l
 電機各社がスマートフォン向けの基本ソフト(OS)を搭載した「スマートテレビ」を相次いで投入する。 スマホのようにインターネットやゲームができるほか、アプリを追加し、「自分好み」のテレビにできることが特徴だ。各社は、新たなテレビの楽しみ方を消費者に示すことで、苦戦の続くテレビ事業の立て直しを図る考えだ。

 パナソニックは5月下旬、米ソフト開発「モジラ」のOS「ファイアーフォックス」を搭載した新型の高精細(4K)テレビの国内販売を始めた。ソニーは6月下旬に国内で、米グーグルの「アンドロイド」をベースにした新商品を発売する。シャープも北米に絞って投入する方針だ。

 スマートテレビは、テレビ放送やネット動画の視聴など、従来のテレビでできることに加え、スマホのようにゲームや健康管理といったアプリを追加して楽しめるのが特徴だ。例えば料理アプリを使えば、リビングのテレビにレシピを映し出しながら料理できる。
http://www.yomiuri.co.jp/it/20150602-OYT1T50057.html
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
ts_braviakj02
ソニーの液晶テレビ『ブラビア』の一部のモデルでNHKを選局しても民放が映ってしまうという症状が発生している。対象となるのは次のモデル。

KJ-75X9400C/KJ-65X9300C/KJ-55X9300C
KJ-65X8500C/KJ-55X8500C/KJ-49X8500C/KJ-43X8500C
KJ-50W870C/KJ-43W870C

症状としては一部の県における放送局の表示チャンネルの順序が入れ替わってプリセット登録されており、本来1がNHKのはずが民放が映ってしまうようだ。対象エリアは次の通り。
山梨、新潟、長野、富山、石川、福井、岐阜、静岡
ソニーの公式サイトに対応方法が掲載されているので、該当する人は手順通りに修正しよう。
http://gogotsu.com/archives/9118

液晶テレビ ブラビア「KJ-X9400C/X9300C/X8500C/W870Cシリーズ」 チャンネルプリセット登録に関するお知らせとお詫び
http://www.sony.jp/bravia/info2/20150626.html
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
sony_3155154c
 ソニーのテレビ子会社、ソニービジュアルプロダクツ(東京・品川)の高木一郎社長は28日、日本経済新聞社などに対し「付加価値の高い4Kテレビに集中し、収益を安定させる」と述べた。 2014年度は11年ぶりに黒字に転じたテレビ事業は、為替相場のドル高進行で収益環境が厳しくなりつつある。高木氏は「ドル高には値上げで対応する」と語った。

 価格が1500ドル以上で、映像の滑らかさを示すフレームレートが120ヘルツ以上のテレビを「プレミアム4K」としている。約2400万台の世界の4Kテレビ市場のうち400万台のプレミアム4Kに「集中し、30~40%のシェア(台数ベース)を狙う」(高木氏)とした。

 液晶テレビの部材はドル建てが大半で、ドルが他通貨に対し独歩高となっているのは収益に響く。テレビ事業は対ドルの1円の円安で25億円の営業減益要因となる。「付加価値を高め、15年度は全商品の80%を他社よりも10~15%高い値付けにする」方針で、欧州や中南米ではすでに値上げしている。
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ28HZR_Y5A520C1TI1000/
続きを読む

このページのトップヘ