理想ちゃんねる

当ブログは2ちゃんねるから「ライフハック術」「雑学」「ITニュース」「ガジェットネタ」などをまとめています。

スポンサードリンク

コーヒー

スポンサードリンク

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
14a39208f404d97d5ea0a59eec99804e
九州地方で今年、眠気覚ましをうたうカフェイン入り清涼飲料水を頻繁に飲んでいた20代男性がカフェイン中毒で死亡していたことが、福岡大法医学教室の分析で21日までに分かった。胃の内容物にはカフェイン錠剤の可能性がある破片も混じっており、錠剤がどの程度死亡に関与したかは不明だが、同教室は飲料の大量摂取が原因とみている。状況から自殺目的で一時的に大量服用したのではないという。

厚生労働省食品安全部は「国内でのカフェイン中毒死は聞いたことがない」としており、常用での中毒による死亡は国内初の報告例とみられる。
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2015122101001159.html
続きを読む

  • カテゴリ:
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/09/18(金) 21:21:33.759 ID:5lPPY3LL0.net
んん???
no title

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
1: キャプチュード(大阪府)@\(^o^)/ 2015/02/05(木) 15:47:06.13 ID:nVk25YV20.net
no title
 「こんな大勢の人が来てくれるとは思わなかった。懐かしい友達、初めて会う方々も。本当にうれしい。日本に店舗、そしてファクトリーを開くことは私の長年の夢だった」。

 「コーヒー業界のアップル」との異名を持つ、米ブルーボトルコーヒー(Blue Bottle Coffee)の店舗がいよいよ2月6日に東京・清澄白河にオープンする。 これに先駆けて3日に開かれた関係者向けのレセプション。創業者でCEOのジェームス・フリーマン氏は、店舗がいっぱいになるほど詰めかけた関係者を前に、照れくさそうにこうあいさつした。

 同社にとって初の海外進出となる清澄白河の店舗は、面積約240平方メートル。2階建ての1階部分が店舗(8席)兼コーヒーの焙煎エリアで、2階がキッチン兼オフィスになっている。 この日のレセプションでは、ブルーボトル自慢のハンドドリップコーヒー、店舗で販売するマフィンやグラノーラなどが振る舞われた。 招かれた関係者たちは入れ替わり立ち替わり、フリーマン氏に駆け寄る。記念撮影を求める人も後を絶たない。

 スターバックスコーヒーなど米国生まれのコーヒー店が日本に進出するのは珍しいことではない。にもかかわらず、ブルーボトルはなぜここまで熱狂を持って迎えられるのか。

 クラリネット奏者だったフリーマン氏がサンフランシスコ近くのオークランド市でブルーボトルを創業したのは2002年のこと。 豆の産地や生産方法にこだわるだけでなく、自社店舗で毎日焙煎をし(焙煎した豆は48時間以内に使用)、バリスタたちが手でドリップするスタイルは、 ブレンド豆をコーヒーメーカーで大量に抽出するという米国での従来のコーヒーの概念を大きく変え、その後の"サードウェーブ"と呼ばれる高品質コーヒーブームの火付け役にもなった。
フリーマン氏の「完璧な一杯」を求める姿勢が「コーヒー業界のアップル」と呼ばれるようになったゆえんだ。

烏賊ソース
http://toyokeizai.net/articles/-/59854

続きを読む

このページのトップヘ