理想ちゃんねる

当ブログは2ちゃんねるから「ライフハック術」「雑学」「ITニュース」「ガジェットネタ」などをまとめています。

スポンサードリンク

ガラケー

    このエントリーをはてなブックマークに追加
SnapCrab_NoName_2015-1-11_1-5-29_No-00
シャープが折りたたみ式のAndroidスマートフォンを開発しており、早ければ1月中にもKDDIを通じて発売されることがワールドビジネスサテライトの取材によって明らかになりました。

続きを読む
スポンサードリンク

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 雪崩式ブレーンバスター(長野県)@\(^o^)/ 2015/01/06(火) 18:24:51.33 ID:ZDFMsXpH0.net
lg

2015年は「ガラホ」登場 キャリアが狙う一石三鳥

 キャリアからすると、従来のガラケーのままでは1世代前のネットワークである3Gの回線を提供し続けなければならない点が将来的には問題となる。ネットワーク利用の効率を考えれば、ガラケーであってもいずれは高速通信規格「LTE」の回線を使った方が賢明だ。

 ケータイを提供する各キャリアでは、音声通話もLTE回線に流す「VoLTE(ボルテ)」を開始している。将来を考えれば「ボルテが使えるガラケー」を製造した方が安心でネットワーク戦略にも合致するわけだ。

 ユーザーからしても、別に「Androidが嫌い」だからスマホを敬遠している人はいないだろう。「テンキーが使いたい」「タッチパネルは難しそう」という理由からガラケーを使い続けているわけで、中身がAndroidでも見かけがガラケーならば安心して使うはずだ。

 つまり、「ガラケーっぽいスマホ」を提供することは、「ユーザーニーズに答える」「端末が作りやすい」 「効率のよいネットワークが構築できる」という、キャリアにとっていわば一石三鳥の戦略だ。

 かつて、KDDIからシャープがテンキーを搭載したAndroidスマホを投入したことがあった。 時を経て、今年出てくるモデルは、さらに大幅に「ガラケーらしく進化」しそうだ。
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO81553420V00C15A1000000/?df=2

 今年、大手キャリアやメーカー、さらに格安スマホ会社は、現在6000万人いるという「スマホデビューに乗り遅れたガラケーユーザー」を狙おうと奮闘するのは間違いない。そんななか、「ガラケーっぽいスマホ」いわゆる「ガラホ」がどこまで一般ユーザーに浸透するかが今年の注目ポイントといえるだろう。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ナガタロックII(神奈川県)@\(^o^)/ 2015/01/06(火) 20:00:49.95 ID:0+BNY9it0.net
no title

 米マイクロソフトは現地時間1月5日、米国のラスベガスで1月6日(現地時間)から開催された「CES 2015」に先がけて、29ドル(約3400円)のフィーチャーフォン「Nokia 215」「Nokia 215 Dual SIM」を発表した。2015年第一四半期から、中東やアフリカ、アジアなどで販売予定。

 Nokia 215は、2.4型の画面を採用した携帯電話機。OSはSeries 30、通信は2Gにのみ対応し、最大通話時間は約20時間、最大待ち受け時間は約29日間としている。
FacebookやTwitter、音楽プレーヤーやゲームなど、あらかじめアプリをインストールした状態で販売されるが、スマートフォンではないため、アプリの追加インストールはできないという。また、30万画素の背面カメラなどを搭載。
同時に発表されたNokia 215 Dual SIMは、2枚のSIMカードスロットを備えるデュアルSIM版で、スペックはほぼ同等となっている。

 カラーはグリーン・ブラック・ホワイトの3色。なお、GSM規格を採用しているので、日本では利用不可。
http://ascii.jp/elem/000/000/966/966742/

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: クロイツラス(WiMAX)@\(^o^)/ 2014/12/28(日) 11:22:52.13 ID:0uiSChGx0.net
grake

ガラケーユーザー 独自サービスが次々終了に嘆く「そろそろ潮時」

 電車に乗っても歩いてもスマホを操る人ばかりで、まるで日本人の大半がスマホへ移行したと思われるほど。しかし、情報通信端末の世帯保有率でスマホは53.5%で、フィーチャーフォン、いわゆるガラケーは28.7%、ガラケーのみの保有率も25.5%と全体の4分の1がまだガラケーだけを使っている(「平成26年版情報通信白書」調べ)。根強い人気のガラケーだが、そろそろスマホへ移行せざるを得ない状況が生まれつつある。

http://news.livedoor.com/article/detail/9622724/

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 毒霧(神奈川県)@\(^o^)/ 2014/11/10(月) 22:21:09.13 ID:qtb5qdTH0.net
no title
NTTドコモはNECモバイルコミュニケーションズが製造する従来型携帯電話「ドコモ ケータイ N-01G」を11月10日に発売しました。
一見すると何の変哲も無い「ガラケー」ですが、スマホ・タブレット時代に対応した「ガラケー」となっています。

もちろんLTEにもVoLTEにも非対応
ガラケーである「N-01G」はもちろんのことながらLTEにもVoLTEにも対応していません。インターネット接続のスピードは下り最大7.2Mbpsと二昔前の速度です。

見た目も普通のガラケーであり、一見すると従来の従来型携帯電話ファン向け、通話メインのビジネスユーザー向けの端末になっています。
しかしスマホ・タブレット時代に対応したガラケー「N-01G」は大きな特徴を持っています。

スマホ・タブレットの通知をガラケーに転送

N-01Gでは、カバンの中にあるiPadなどのタブレット、さらには2台持ちしているiPhoneなどのスマホに来た通知を確認できます。
通知はメールの着信やメッセージ、SNSの通知、リマインダーやカレンダーなどに対応しており、カバンからわざわざiPadを取り出す必要はありません。

通知の転送はBluetoothで行われるため、遠くに置かれたiPadからの通知を受けることはできません。 しかしビジネス用途でiPad、iPhoneとガラケーを組み合わせて使うシーンも多くあり、ガラケーへの通知の転送は便利に使えそうです。

Word、Excelビューワーも搭載
通知の転送以外にも「N-01G」はWordやExcel、PowerPointのファイルを閲覧できるビューワーも搭載しています。 まさにビジネス用途に特化したガラケーとなっています。

ガラケーと呼ばれて、時には揶揄される存在となった従来型携帯電話ですが、ガラパゴスと言われてもどんどん進化する姿はどこか頼もしくもあります。
またスマートフォンの製造から撤退してしまったNECが独自の分野で面白い端末を出していることにも可能性を感じます。
http://iphone-mania.jp/news-52242/

続きを読む

このページのトップヘ