理想ちゃんねる

当ブログは2ちゃんねるから「ライフハック術」「雑学」「ITニュース」「ガジェットネタ」などをまとめています。

スポンサードリンク

アニメ

    このエントリーをはてなブックマークに追加
hana1_27
1: 以下、VIPがお送りします 2016/05/29(日) 18:03:44.338 ID:C0r9Jl3zpNIKU
決められない



2: 以下、VIPがお送りします 2016/05/29(日) 18:05:03.766 ID:tlPuCE1XdNIKU
中身を移植する
続きを読む
スポンサードリンク

    このエントリーをはてなブックマークに追加
19
<攻殻機動隊>1/2サイズ「タチコマ」を開発 実装も視野
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
no title
Cerevoが2月5日、アニメ PSYCHO-PASS(サイコパス)に登場する特殊拳銃「ドミネーター」を発表しました。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
prqY4oi
ラブライバーだということ以外は非の打ち所がない夫だったのだが、最近ファミリーレストランの「ココス」で始まったラブライブのキャンペーンがきっかけで夫婦トラブルになった。その原因は、山田夫妻とお子さんでココスへ行ったときに、夫がラブライブのクリアファイルを貰うため対象のセットを購入したこと。

それを近所に住む奥さんに見られたらしく「山田さんの旦那はキモオタのラブライバー」というレッテルがご近所中にまわり、奥さんがママ友たちからじょじょにハブられることになったそうだ。また、子供も「お前のとーちゃんラブライバー(笑)」と学校でいじめられるようになったらしく、子供にまで被害が及んでいるのだという。
http://sirabee.com/2016/02/03/82528/
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
no title
2月1日より始まる官民連携テサイバーセキュリティ月間に合わせて、「攻殻機動隊 STAND ALONE
COMPLEX」の描き下ろしコラボ漫画「HUMAN-ERROR TRAPS」が無料公開されました。脚本は
藤咲淳一さん、作画は衣谷遊さんというファンにはおなじみの製作陣による40ページの読み切り作品で、3月18日までPDF形式でダウンロードすることができます。

ストーリーは、軍事ドローンの暴走事件を通じて、サイバーセキュリティへの注意を喚起する内容になっています。攻殻S.A.C.の9課メンバーの活躍がテレビシリーズのコミカライズも手がけた衣谷先生の美麗な作画で描かれており、無料であることが信じられない読み応えです。ありがとうサイバーセキュリティ月間!
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1601/30/news020.html
関連:内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)が攻殻機動隊を手本にし始めたぞ
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
no titleno title
内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)は1月21日、サイバーセキュリティの普及・啓発のため、「攻殻機動隊 S.A.C.」とコラボレーションすると発表しました。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
cerevo785
Cerevoは7月18日、アニメ「PSYCHO-PASS(サイコパス)」に登場する特殊拳銃・ドミネーターを再現した玩具「DOMINATOR MAXI(仮)」を2015年度内に発売すると発表しました。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
300x
庵野氏は、日本のアニメはすでに頂点を過ぎ、光を失い、斜陽に向かっていると語り、完全に光を失った後に、おそらく新たな上昇が始まるとの見解を表している。

庵野氏いわく、今のアニメ制作のシステムはかろうじて持っている状態であり、その崩壊は時間の問題。れがもつ見込みについては、いずれにせよ20年はもたず、あと5年ほど、との考えを表し、将来は今あるようなものはできないと指摘。人材、資金もなくなり、日本全体の状況が何も考えずにただアニメを作るということを許すものではなくなる。

一方で庵野氏は、だからといって映画芸術の1つとしてのアニメがこれで終わることは否定。アニメ制作の中心がアジアの、より条件のいい場所に移る可能性を指摘。

庵野氏の予見では、アニメのようなものは必ず世界のどこかには存在し続けていくが、世界のアニメを牽引する中心としての日本は終焉が間近。
http://jp.sputniknews.com/japan/20150523/369080.html
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
f56f9cc0
 ソーシャルゲーム原作のアニメ化が増えつつある。
2012年の「戦国コレクション」をきっかけに、「探検ドリランド」や「絶対防衛レヴィアタン」、昨年末の「神撃のバハムート」と「ガールフレンド(仮)」が続き、今年に入って「艦隊これくしょん」が登場した。なぜソーシャルゲーム原作のアニメが台頭したのか。背景について探った。

 ◇歓迎される「自由度の高さ」
 ソーシャルゲームの定義は、あいまいな点もあるが、PCのブラウザーやスマートフォン上で遊ばれ、オンライン上でのサーバーを介した「人とのつながり(ソーシャル性)」を要素とし、基本利用料が無料で広いユーザーに遊ばせ、特定ユーザーへのアイテム課金によりビジネスが成立するゲームを指す。
そのため、アプリをダウンロードした携帯端末内で基本的に処理が完結するネイティブアプリと区別する考えもあるが、多くの人々は両者をまとめて「ソーシャルゲーム」とすることが多い。今回もそれに倣って話を進めたい。

 ソーシャルゲームの特徴は、原則として決まったストーリーがないことだ。
「より強いキャラクター(カード)を入手していく」という課金と強く結びついたビジネスの性質上、“主人公”は不在となるためだ。 つまり、アニメのシナリオは「おまかせ」になるのだが、この「自由度の高さ」はアニメの制作側からすると歓迎すべき点で、アニメのスタッフのやる気も高くなる利点がある。

 ◇リッチ化がアニメ後押し
 ともあれ、ソーシャルゲームのアニメ化はここ2~3年で急に盛んとなった。
ソーシャルゲームの初期においては、大ヒット作の中でもわずかに「怪盗ロワイヤル」が2011年にテレビドラマ化されたぐらいだった。 なぜ広告よりも割高な「テレビ」のコンテンツ枠の活用が活発になったのだろうか。

 その背景には、ソーシャルゲームが転換期を迎え、リッチ化、長寿化した事情がある。
まずソーシャルゲームの開発費は、初期とは比べ物にならないほど跳ね上がった。
2000年代後半には、ソーシャルゲームは1本あたり1000万円が相場とされた。
基本のゲーム部分は数日で完成し、サービスを開始したら、運用しながらバージョンアップを繰り返しコンテンツを強化する。
利用者の反応が思わしくなければ、次の新作を投入する……という形で、多くの冒険作を出せる強みがあった。
これは、億単位、1年以上の開発期間が必要とされるため一発必中が要求された据え置き型ゲーム専用機のビジネスモデルと比べて、極めて安価で、コストパフォーマンス的な利点があった。

続きはソースで
http://mantan-web.jp/2015/03/29/20150327dog00m200035000c.html
続きを読む

  • カテゴリ:
    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/03/26(木) 10:47:46.19 ID:dfCjrtuZ0.net
井上伸一郎 @HP0128
アニメ「艦これ」最終回、凄い物量でしたでしょ?そして「続編決定!」続報をお待ち下さいませ!
https://twitter.com/HP0128/status/580770163542228992
no title
続きを読む

このページのトップヘ