理想ちゃんねる

当ブログは2ちゃんねるから「ライフハック術」「雑学」「ITニュース」「ガジェットネタ」などをまとめています。

スポンサードリンク

スマホ

    このエントリーをはてなブックマークに追加
LivestreamComingSoon-7c48975d4b5a9579f6bf04ffc5772f38
Sony Mobile は CES 2015の開幕日前日 1月5日17時00分(現地時間)にCES 会場のSonyブースでプレスカンファレンスを開催し、その模様をネットでライブ配信すると発表しました。

続きを読む
スポンサードリンク

    このエントリーをはてなブックマークに追加
ace7182e

30: SIM無しさん 2014/12/29(月) 21:54:21.19 ID:vayN/UF6
ヨドでSPポチった。
10時間で届いた。
画面は思った以上にキレイ 
もっとドットが目立つかと思ったけど粗さは感じない。
ネットの読み込みはwifi使ってnexus7(2012)より早い。
youtubeで1080動画再生ok。

だが残念、不具合品つかまされたみたいです。
どうもピンチアウト感度が悪く、へんなとこに画面が飛ぶなあと思ったら
画面のど真ん中らへんの感度がおかしい。
検証してみると↓のような感じ。

VIDEO0085.mp4
http://fast-uploader.com/file/6975412651651/

一応fleetelに連絡してみるけど、「仕様です」とかいわれそうだなあ。。。


続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 河津掛け(群馬県)@\(^o^)/ 2015/01/02(金) 19:43:03.70 ID:6JXyEpnU0●.net
png

Apple製のAndroidスマートフォンが発売されたら欲しいと思うか、スマートフォンユーザーのマイナビニュース会員533人にアンケートを実施した。
(以下ソース)
- マイナビニュース調査 | 携帯 | マイナビニュース
http://s.news.mynavi.jp/articles/2015/01/02/apple_android/

no title

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: フランケンシュタイナー(芋)@\(^o^)/ 2014/12/28(日) 23:14:48.26 ID:lO2vJbZR0.net
no title

でかい・安い・高性能は当たり前な中国産。
もはや何が登場しても驚かない中国のスマホ業界から、今度はiPhone 5cそっくりの格安高性能ファブレット「Meizu M1 Note」が登場しました。

製造メーカーはMeizu、一応同国では名のしれた大手のスマートフォンメーカーです。
Meizu M1 Noteの特徴はその明らかにどこかで見たようなデザインと、意外なハイスペック志向と安価な価格です。 ズバリ価格は1,000元(約1万9,000円)。ゲーム機かってぐらい安いです。

でも安いだけで終わらないのがMeizu M1 Noteのスゴイところ。5.5インチのフルHD解像度(1,920×1,080ドット) IGZOディスプレイに8コア 1.7GHz駆動のプロセッサ、2GBのRAMに1,300万画素の背面カメラを搭載するなど、はっきりいってハイスペックです。

OS:Android 4.1 or Android4.4.4
ディスプレイ:5.5インチ IGZOディスプレイ
画面解像度:フルHD解像度(1,920×1,080ドット)
プロセッサ:8コア MediaTek MT6752 1.7GHz
RAM:2GB
背面カメラ:1,300万画素 F値2.2
前面カメラ:500万画素 F値2.0
バッテリー容量:3,140mAh

中国ではすでに予約受付をしており、12月末には出荷が開始されます。ヨーロッパ方面での販売は来年1月から。 それにしても、中国製端末の異次元な安さと不釣合いなハイスペックには毎回驚かされます。 いつか、中国のスマホメーカーが世界を制する日がくるんでしょうか。
http://www.gizmodo.jp/sp/2014/12/iphone_5cmeizu_m1_note.html

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
freetel
プラスワンマーケティングは 格安Androidスマートフォン「freetel priori2」と予備バッテリーパックおよびオリジナルフリップカバーがセットに同梱されている「freetel priori2 SP」を12月27日発売しました。


続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ねこ名無し ★@\(^o^)/ 2014/12/24(水) 00:19:21.36 ID:???.net
SnapCrab_NoName_2014-12-27_23-38-27_No-00

 中国メディアの91.comは21日、韓国メディアのThe Korea Economic Dailyの報道を引用し、
サムスンが中心となって開発したオペレーションシステム(OS)「Tizen(タイゼン)」を搭載したスマートフォン「Z1(SM-Z130H)」の発売日が決定したと伝えた。

 記事は、「Z1」はもともと2014年12月に発売される予定だったとする一方、サムスン側の発表として、2015年1月18日にインドで先行発売されると伝えた。
さらに、Z1の価格も10万ウォン(約1万円)を超えない程度だと伝え、15年1月18日からインドの消費者はネット通販または店頭でZ1を買い求めることができると紹介した。

 また記事は、新興国のスマホ市場では廉価なスマホが特に好調であるとし、「Z1はサムスにとってシェア争いに貢献する機種になるのではないか」と論じた。
また、Z1の外観などはまだ発表されていないとする一方、スペックとしては4インチディスプレイのほか、メモリは512M、320万画素のカメラなどを搭載していると伝えた。

 続けて、サムスンはインドだけでなく、15年2月には中国で、15年内には韓国市場でTizen搭載のスマホを発売する見通しと伝えた。(編集担当:村山健二)
http://news.searchina.net/id/1554842

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
SnapCrab_NoName_2014-12-27_14-28-57_No-00
プラスワンマーケティングは スマートフォンブランド「freetel」の新モデル「freetel priori2」と予備バッテリーパックおよびオリジナルフリップカバーがセットに同梱されている「freetel priori2 SP」を12月27日発売します。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ダイビングエルボードロップ(千葉県)@\(^o^)/ 2014/12/25(木) 02:20:48.69 ID:XcvdX7sU0.net
no title

 ソニーのパソコン部門が独立したVAIO(バイオ、長野県安曇野市)は来年1月にもスマートフォン(スマホ)事業に参入する。仮想移動体通信事業者(MVNO)の日本通信と提携し、同社と共同開発した端末を大手携帯電話会社より割安に提供する。7月に発足したVAIOは成長が見込めるスマホ市場で出身母体のソニーと競合する関係になる。

 端末はVAIOと日本通信が共同で企画・開発した。生産はEMS(電子機器の製造受託サービス)が手掛ける。画面サイズは成人男性が片手で持ちやすい5型前後になる見通しで、基本ソフト(OS)には米グーグルの「アンドロイド」を採用した。

 メールや通話、テレビ電話などを1つのアプリ(応用ソフト)で管理できるサービスを展開する方針。端末を含む料金は今後詰めるが、通信費を含む2年間の平均利用料金が16万~20万円の携帯大手のスマホと、同7万~8万円の格安スマホの中間に設定する考えだ。家電量販店や情報システム構築会社、電子商取引(EC)サイトなど日本通信が持つ販路を通じて個人と企業に売り込む。

 ソニーは不振が続くエレキ事業の構造改革の一環で、パソコンを手掛けるVAIO事業を分社化。株式の大半を投資ファンドの日本産業パートナーズ(東京・千代田)に売却した。
ソニーが保有するVAIO株は5%。VAIOは事業分野の制限がなくなったことから成長が見込まれるスマホへの参入を決めた。

 総務省は端末を他の携帯電話会社で使えないようにする「SIMロック」について、2015年5月以降に販売する端末から解除を義務付ける。
大手から格安スマホを手掛けるMVNOへの乗り換えが進むもようで、同省はMVNOの契約数が16年には現在の約2倍に相当する1500万件に増えるとみる。

 現在、格安スマホの端末提供メーカーは中国・韓国メーカーとベンチャー企業が中心。
VAIOはデザイン性に優れた割安なスマホを発売すれば後発でも需要を取り込めると判断した。
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDC24H04_U4A221C1EA2000/

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
5s6s
Apple insiderによると、Cowen and Companyのアナリスト・Timothy Arcuri氏が、Appleは4インチの新型「iPhone」を開発しているようだと報告していることがわかりました。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 閃光妖術(埼玉県)@\(^o^)/ 2014/12/22(月) 20:36:19.17 ID:LtOSC83+0.net
92f97abdde287b9699e2227d45ace3c1

成長率300%のXiaomi、世界のスマホ市場、サムスン、アップルに次ぐ第3位

Gartner社の報告によると、中国本土を中心にスマートフォンを展開する小米科技(シャオミ)が、300%超の急成長で世界市場でもトップ5入りを果たした。

世界のスマートフォン市場のシェアをリストにまとめるとしたら、第1位にサムスン、第2位にアップルを入れるだろうが、第3位はどうだろう? LG、HTC、それともソニーだろうか?

調査会社Gartner社が12月15日(米国時間)に発表した、2014年第3四半期の世界スマートフォン市場に関する報告書によると、二大巨頭に続く3番目の地位には、3つの中国企業がほぼ同率で並んでいる。華為技術有限公司(ファーウェイ)、小米科技(シャオミ、Xiaomi)、聯想集団(レノボ)だ。

2014年第3四半期のシェアの割合を具体的に見ていくと、サムスンが24.4%、アップルが12.7%、そしてファーウェイは5.3%、シャオミは5.2%、そしてレノボが5%となっている。昨年同期のGartner社の報告書ではシャオミのシェアはわずか1.5%だったので、同社はこの1年で336%の成長を遂げたことになる。

上位グループのうちでもっとも落ち込んだのがサムスンで、昨年より7.7%もシェアが減少した。サムスンは、2013年に記録を打ち立てたあと、厳しい現実に直面し続けており、第3四半期には利益が60%減少するとの予測を出していた。(後略)
http://wired.jp/2014/12/21/xiaomis-top-5-smartphone-vendor/

no title
https://www.gartner.com/newsroom/id/2944819

続きを読む

このページのトップヘ