理想ちゃんねる

当ブログは2ちゃんねるから「ライフハック術」「雑学」「ITニュース」「ガジェットネタ」などをまとめています。

スポンサードリンク

スマホ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
1: カーフブランディング(大阪府)@\(^o^)/ 2015/01/30(金) 18:16:53.29 ID:2M9brSIZ0.net
g8

 ソニーが、「旗艦モデル」と呼ばれる最上位のスマートフォンの開発戦略を見直すことが30日、分かった。半年ごとに出す積極路線を改め、2016年度以降は年1回に絞り込む方向で検討している。課題である開発費を減らし、業績不振の事業を立て直す狙いだ。

 今回の見直しは、端末供給先である通信各社のスマホ販売に影響を与える可能性がある。そのためソニーは、旗艦モデルのない商戦期は各社の要求に応じて、機能やデザインを手直ししたモデルを提案する考えだ。

 ソニーのスマホ事業は、15年3月期に営業損益で2040億円の赤字を見込む。中国勢の台頭で競争が激化している。

http://www.47news.jp/CN/201501/CN2015013001001907.html

続きを読む
スポンサードリンク

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 目潰し(千葉県)@\(^o^)/ 2015/01/30(金) 15:37:32.03 ID:W9CFjcLm0.net
no title
日本通信、VAIOスマホのパッケージを初公開。2月の発売に向け準備は順調 - PC Watch

 日本通信は、1月30日に開催した2014年度第3四半期決算発表の席上、VAIO株式会社との協業により、2月に市場投入する「VAIO」ブランドのスマートフォンに関する取り組みについて言及。初めて、VAIOスマートフォンのパッケージを公開した。

 日本通信の福田尚久副社長は、「今日は、中身をお見せしたいが契約上、お見せできない。パッケージだけで勘弁していただきたい」として、片手にVAIOのロゴが入った黒いパッケージを初公開した。

 また、「VAIOのスマートフォンは、当初は、12月4日に発売する予定であったが、世界第2位のタッチパネルメーカーが会社更正法を適用したため、設計変更を余儀なくされ、結果として発売が2月になった。ただ、その分、販売店との協業についても話し合いができ、VAIOのスマートフォン発売に向けて十分な準備が可能になる。まもなく量産が可能になる」と述べた。
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20150130_686152.html

no title

no title

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
1: シャイニングウィザード(庭)@\(^o^)/ 2015/01/23(金) 21:42:56.69 ID:qyiAFJC10.net
no title
「iPhone 6」と「iPhone 6 Plus」の発売からまだそれほど時間はたっていないが、2015年にも新しいiPhoneが登場するであろう。
ここでは、米CNETが次期iPhoneに期待する12の機能を紹介し、実現する可能性を考える。

次期「iPhone」に欲しい機能

 新しい年を迎えたということは、新しいiPhoneが(いずれ)発表されるということだ。「iPhone 6」と「iPhone 6 Plus」の発売からそれほど時間はたっていないが、また未来に目を向けて、次のiPhone(複数の新機種が登場する可能性も)に求めるものを考える時期がきた。
http://japan.cnet.com/news/offtopic/35059048/

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
650_1000_xperia-a
3月1日からバルセロナで開催される MWC 2015では、Xperia Z4シリーズは発表されないとXperia Blogが報じています。同サイトによると、Xperia Z4シリーズが発表されるのは”夏”なるそうです。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
1: エルボードロップ(大阪府)@\(^o^)/ 2015/01/27(火) 16:12:26.88 ID:ZAksdM6r0.net
0102

 ブックオフコーポレーションは、Acer製のAndroidスマートフォン「Liquid Z200」と1日70MBで月額980円のデータ専用SIMカードのセットを1月28日より全国の一部ブックオフチェーン店舗で販売する。端末の価格は1万円だが、2007年以降に製造された携帯電話をブックオフに買い取ってもらうことで、同端末が無料でプレゼントされる。

 同社では、モバイルサービスの新ブランド「スマOFF」を立ち上げ、その第一弾として「Liquid Z200」とデータ専用SIMカードのセット販売を行う。1月28日時点では、全国のブックオフ、177店舗と、オンラインショップ(1月28日9時オープン)で購入できる。

 さらに、2007年以降に製造された3キャリアの携帯電話(一部対象外あり)をブックオフで売却すると、Liquid Z200がプレゼントされる。 ただし、この場合は下記のデータ専用SIMカードの契約と、同サービスの2年間の継続利用が条件となっている。

 端末とセットで販売されるのは、NTTドコモの回線を利用したデータ専用SIMカードで、1日70MB、SMS付きで月額980円という内容のもの。初期費用として、登録事務手数料が3000円かかる。 なお、Liquid Z200は3G対応端末であるため、3Gネットワークの通信速度に依存することになるが、他のLTE対応端末にSIMカードを装着すれば下り最大150Mbpsで通信できる。

 Liquid Z200の詳細については、別記事を参照。

http://k-tai.impress.co.jp/docs/news/20150127_685498.html

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
1: キン肉バスター(福島県)@\(^o^)/ 2015/01/27(火) 05:58:56.57 ID:Wi8dDYEh0.ne
52283d784c515

ソニーが、流通大手イオンとタッグを組み、格安スマートフォン市場に参入する方向で最終調整していることが26日、分かった。
早ければ今春にも、ソニー製の端末をイオンが販売する。携帯電話事業の不振で、構造改革を進めているソニーは高級モデルに特化する方針だったが、通信料金が安い格安スマホが国内で急速に普及しており、供給を決めた。国産でブランド力の高いソニーの参入で格安スマホ市場がさらに拡大する可能性がある。

 ソニーの「エクスペリア」シリーズの旧モデルをイオンの各店舗で販売。端末価格は最新モデルの半額程度の3万円台を想定している。月額料金は通信費と端末合わせて3千円程度。
 ソニーは、子会社の仮想移動体通信事業者(MVNO)ソネットが提供するSIMカードとのセット販売を提案しており、イオンはこれを受け入れる方針だ。

 国内では昨年以降、イオンやビックカメラなどの流通大手が格安スマホの販売に参入。費用が携帯大手3社の半額程度で済むため、急速に普及している。来年度には日本郵便も参入を検討している。

 これまでの格安スマホは中国や韓国製が中心だったが、昨年後半から富士通やシャープなど国内勢も供給を始めている。さらにソニーのパソコン事業から独立したVAIOも日本通信と組み、独自開発したスマホを近く販売する。 イオンは、ブランド力の高い「エクスペリア」を先行投入することで、格安スマホ事業者間の競争を優位に進めたい考えだ。

 一方、携帯事業の不振などで、大幅赤字を計上しているソニーは、高級モデルに集中する戦略を維持しつつ、格安スマホ市場にも活路を求める。イオン以外の供給も検討している。
http://www.sankeibiz.jp/business/news/150127/bsb1501270507003-n1.htm

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
5bf94fcc
auは1月26日、EDGESTデザインのシャープ製・4.5インチスマートフォン「AQUOS SERIE mini SHV31」を1月29日(木)に発売すると発表しました。au オンラインショップでの一括価格は68,040円となっています。
Source:auオンラインショップ

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
1: フルネルソンスープレックス(千葉県)@\(^o^)/ 2015/01/26(月) 11:11:55.44 ID:dqxZ8J/L0.net
01_s

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/ubiq/20150126_685289.html
【花里】VAIOブランドの商標は、現在でもソニー株式会社の所有ですので、今回日本通信さんとスマートフォンのビジネスを始めるにあたり申し入れを行ない、ソニーから快諾を頂いております。

--なるほど。今回の製品は、日本通信の流通網を使って販売されるという理解で良いのでしょうか。 その場合は「b-mobile」ブランドの製品が扱われている流通網(例えばAmazonや量販店など)で扱われるということになるのでしょうか?

【福田】基本的には弊社の流通網を使って取り扱います。弊社ではメジャーな新製品は、どの流通網を利用して販売するかはゼロから考えています。今回の製品は全くの新製品になるので、どのような形でどのようなサービスで提供するのかを一体的に考えており、流通網に関しては現在調整中で、今まさに大詰めを迎えているところです。それが決まり次第発表、発売する予定です。

 スマートフォンと通信の総計価格で見たら、ドコモ、au、ソフトバンクのMNO 3社に比べてかなり安くしていきたいです。このため、VAIOスマートフォン専用の通信サービスを作る予定です。というのも、現在スマートフォンはMNO 3社が端末の料金込みで売っており、端末の価格というのはあってないようなものになってしまっています。そこで、そうした製品を買っていた人の移行を促す意味でもトータルの金額をかなり安くしたいのです。

 実際、弊社がイオンさんと販売したNexus 4も、端末単体ではなくサービスとセットで24回分割払いにしています。そう設定した結果、端末単体+サービスよりも広くお客様に受け入れて頂いています。当たり前な話しなんですが、お客様が比較する対象はMNOの3キャリアなんです。
そこと比べて圧倒的に安いことが分かれば受け入れて頂けるのです。今回の製品はそうしたユーザー層のお客様に買って頂きたい製品なのです。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 夜更かしフクロウ ★ 2015/01/24(土) 19:38:39.81 ID:???.net
01

 イオンは24日から自社販売する格安スマートフォン「イオンスマホLTE」アルカテルやタブレットパソコンなどの月額通信料金を6カ月間、実質0円にするキャンペーンを実施すると23日発表した。入学や入社など新生活に入る若者の契約獲得を狙う。期間は2月28日まで。

 イオンスマホLTEは月額料金が端末代1436円(税込み)、通信基本料1782円だが、通信基本料分をWAONポイントで還元する。6カ月で総額1万692円相当のポイントがもらえる。

 同様に、タブレットパソコンとWi-Fiルーターは6カ月で5832円分のポイントがもらえる。
http://www.sankei.com/economy/news/150123/ecn1501230035-n1.html

イオンスマホ「ALCATEL ONETOUCH」新規契約、基本料半年分のWAONをプレゼント
http://k-tai.impress.co.jp/docs/news/20150123_685214.html

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
1: トペ スイシーダ(庭)@\(^o^)/ 2015/01/25(日) 17:07:52.88 ID:i4TqkNlT0.net
page_samsung-galaxy-z-tizen-smartphone-launched

インド人の目は思った以上に肥えていた…

Android対抗でサムスンが独自開発したOS「Tizen」。
その世界初のスマホ「Z1」がインドでついに発売!…と思ったら、早速インド人から「カメラがショボい」だの「アプリがない」だのとブーイングが巻き起こっていると、中国メディアとロイターが伝えています。
最近市場シェアに翳りが見え始めているサムスン。ここは世界第3位のスマホ市場インドで1万円スマホをバーンと売り出して巻き返しを図りたいところ!なのですが…

「メインカメラが315万画素、フロントカメラは30万画素。これではまるで2010年のスマホだ」
「Android Oneと比べると、Z1がいかにヘボいかがわかる」 (愛妻にスマホを買いにきたムンバイの映画監督Ahmed Sheikhさん)

なんて言われてますよ。
因みにAndroid Oneというのは、グーグルがインド携帯メーカー3社と組んで出してる低価格スマホのことですね。
そっちの方が全然いいと。この辺は国内ブランドびいきも少しはあるのかなぁ…。
確かにTizen対応アプリはまだ約1000種しかありません。AndroidとiOSが100万種以上あることを思うと、ゼロが3つ足りない…そのうちAndroidアプリも使えるようになるって話もありますが。
92ドル(1万円ちょい)の価格を少しは評価してよって思いますけど、IDCのアナリストは「一番安ければいいってものでもなくて、消費者が求めているのはスペックだ(キリッ)」とロイターに語ってます。
インドは人口12.5億人で、1万円切る携帯がシェアの半数近くを占め、スマホ利用者はたったの10%。このとてつもない乗り換え需要を見込んで、スマホがなんと280ブランドもある激戦区(いつの間に…)。

今月はマイクロマックスが対抗機種YUREKAをアマゾンのタイムセールにかけ、ものの数秒で2万5000台を完売したニュースにすっかり話題を攫われてしまった格好です。
パイも大きいけど、壁も分厚いぞ、インド。
http://www.gizmodo.jp/sp/2015/01/tizenz15.html

続きを読む

このページのトップヘ